GERBERA PARTNERSブログ

確定申告|法人の確定申告の期限延長について教えください。

2017/02/27

Q 法人の確定申告には、申告期限の延長ができる制度があると聞きました。また税制改正により、さらに期限の延長が認められる制度ができるそうですが、それらの内容を教えてください。

 

A 現行の法人税等は、申請により1ヶ月間、申告期限を延長できる制度があります。また平成29年度の税制改正により、申告期限の延長を最大4ヶ月間とする制度が創設される予定です。

 

 法人が納める法人税、住民税、事業税、消費税は、決算日後2ヶ月以内に申告・納付するのが原則です。ただし、法人税、住民税、事業税については、下記の条件を満たすことで、申告期限の延長をすることができます。

(1)   定款で株主総会が決算日から3ヶ月以内と定められている等、

2ヶ月以内に決算が確定しないこと

(2)   決算日の翌日から45日以内に「申告期限の延長の特例の申請」を行っていること

 

(1)は、法人税の確定申告書類は、定時株主総会で承認を受けた決算書を基に作成されるため、株主総会の開催時期が遅くなれば、確定申告も必然的に遅れてしまうことに起因しています。なお定款で、定時株主総会は毎事業年度終了の日以後2ヶ月以内としてしまっている場合でも、定款を変更すれば、申告の期限を延長することができます。

 

 ただし、延長できるのは申告の期限ですので、納付の期限は2ヶ月のままです。納付期限を過ぎてしまうと利子税がかかるため、申告を終わらせる前に、見込納付をしておきましょう。また、消費税の申告は延長することができませんので注意が必要です。

 

 平成29年度税制改正法案には、法人税の確定申告書の申告期限を最大4ヶ月間(決算終了後から6ヶ月間)延長できることが盛り込まれています。これは、株主総会の開催日程が分散化されていくことを想定し、それに柔軟に対応していくためです。また、この制度を受けるためには、従来の申請とは別に手続きが必要となる予定です。

 

 この新たな延長申請は、会計監査人の監査を受ける会社が前提となる予定で、全ての法人に適用できるわけではありません。詳しくお知りになりたい方は、弊社の税理士法人までお問い合わせください。

 

 


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ