GERBERA PARTNERSブログ

所得税|給与所得の源泉所得税について

2015/06/04

Q 4月より現在の会社へ入社し、この度、給与計算を担当することになりました。源泉徴収税額表を見て、その月の所得税を算出しようと思うのですが、甲、乙、丙との記載があり、それぞれで税額が違います。この違いは何でしょうか。

 

A 給与所得の源泉徴収税額表の甲欄、乙欄、丙欄は、その対象者ごとに所得税額が異なることとなっております。下記に特徴をまとめましたのでご覧下さい。

 

・甲欄について

その年分の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出した方(主たる給与者)が対象となります。

 

・乙欄について

「給与所得者の扶養控除等申告書」の提出がない方が対象となりります。2か所以上から給与等の支払いを受ける者等、従たる給与者を対象(年末調整、確定申告など行われるか不明)としているため、税額が甲欄よりも高めに設定されております。

 

・丙欄について

主に日雇いの方へ支払う際に使用するものとなります。

所得税法185-2では以下のように規定されております。

 

労働した日又は時間によって算定され、かつ、労働した日ごとに支払われる給与等雇用契約の期間が2月以内の者に支払われる給与等で、労働した日又は時間によって算定されるもの

 

 対象者ごとに、同じ給与額であっても税額の異なる場合がありますので、注意が必要です。

 

※「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の提出期限は、その年の最初に給与の支払いを受ける日の前日(中途就職の場合には、就職後最初の給与の支払いを受ける日の前日)までに、給与の支払者(会社等)へ提出することとなっております。

 

 通常は年末調整時に翌年分を書いて頂くこととなっておりますが、中途入社された方がいる場合は、入社時に書いて頂き会社へ保管するようにしてください。


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

 

ページの先頭へ