GERBERA PARTNERSブログ

所得税|居住用の収益物件の住宅ローン減税適用可否について

2016/10/06

Q 私はこの度、居住用の収益物件を建築しました。15室あるのですが、そこの1室に私自身が居住しようかと思っております。この場合、住宅ローン減税を受けることができるのでしょうか。

 

A 要件を満たすことで住宅ローン減税の受けられる可能性があります。住宅ローン減税は、建物全体の床面積のうち、その人の住居部分が2分の1以上でなければなりませんので、何の対策も打たないで登記をしてしまうと住宅ローン減税は受けられないケースが大半です。

 

 上記の要件とは、通常の住宅ローン減税を受ける際の必要な要件の他に、自分の住宅部分については必ず区分登記をしておく必要がある、という事です。

 

 さらに忘れがちなこととして、ローンはアパートローンの様な事業用ローンではダメだという事です。「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」が発行されるローンでないといけません。

 

 当然のこととして、自分の住宅部分についての費用は、不動産所得(不動産賃貸業)では経費化できません。金融機関からの借入で建築した場合はその支払利息、建物等の減価償却費、水道光熱費、固定資産税、損害保険料等がすべて家事費(事業主貸)扱いになりますので、くれぐれもご注意ください。

 


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ