GERBERA PARTNERSブログ

社会保険|お済みですか? 3月31日まで 65歳以上の雇用保険の手続き

2017/03/15

Q 今年1月から65歳以上の従業員も雇用保険に入ると聞きました。対象者がいますが、まだ手続きをしていません。具体的にはどうしたらよいのでしょうか。

 

A 特別な処理は必要ありません。いつもと同じ資格取得届を提出すれば大丈夫です。

 

約1年前に当グループのブログでもお伝えしましたとおり、平成29年1月に雇用保険の適用拡大がされました。

 

「雇用保険 満65歳以上の新規雇用者加入について」

 

 平成28年12月31日までは、65歳以上の年齢で会社に入社した方は、雇用保険に加入しませんでしたが、平成29年1月1日以降に入社した方は、週所定労働時間(20時間以上)と雇用見込み(31日以上)の要件に当てはまれば、65歳以上であっても雇用保険に加入することになります。

 

 また、平成28年12月31日以前から会社に入社していて、これまで雇用保険の被保険者でなかった65歳以上の方も、平成29年1月1日から雇用保険に加入することになります。

 

 通常の雇用保険の資格取得手続きは翌月10日まで(例:平成29年1月1日入社なら、平成29年2月10日まで)ですが、平成28年12月31日以前から雇用しており、これまで雇用保険の被保険者でなかった65歳以上の方の加入手続きは、平成29年3月31日までに行うこととなっています。まだ手続きが済んでいない会社の方はいまからすぐ行いましょう。

 

今回は、この加入手続きの具体的な内容についてお知らせします。

 

1.加入対象者を確認しましょう。

65歳以上の従業員(役員を除く)のうち、

・雇用保険に加入していない

・所定労働時間(週20時間)と雇用見込み(31日以上)の要件に当てはまる

方が、今回、適用拡大での加入対象者です。

所定労働時間と雇用見込みは平成29年1月1日時点で判断してください。

 

2.資格取得届を書きましょう。

用紙は通常の資格取得届でよいです。原則として添付書類も不要です。

「9 被保険者となったことの原因」欄は、「2 新規雇用(その他)」を選びます。

ハローワークの方に、65歳以上の方の取得を出す際に気をつけることを確認したところ、「生年月日欄を赤ボールペンなどで丸く囲い、「65歳以上」と記載してもらうと、ハローワークでの入力でミスがなくなるので助かります」とのことでした。

 

3.すでにやめてしまった人については?

すでにやめてしまったとしても、平成29年1月1日から退職日までは雇用保険の被保険者になります。資格喪失届に資格取得届を添えてハローワークに提出してください。

 

 その他、以前のブログでお知らせしたとおり、65歳以上の方の雇用保険料は、平成31年度までは免除です。

もうすぐ年度終わりで、労働保険料の年度更新を行う時期ですが、雇用保険対象賃金の計算を間違えないように気をつけましょう。

 

 

 弊社では、日常的なちょっとしたご相談へのお答えから、労務問題やコンプライアンス対策まで、幅広く承っています。お困りのことがありましたらお気軽に当グループ社会保険労務士までご相談ください。

 

 


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ