GERBERA PARTNERSブログ

中国|中国進出により技術が流出して損害を受けることはありますか?

2014/07/09

Q 中国企業との提携を考えておりますが、中国では技術の流出やコピーが多いと聞き、心配しております。実際に進出したことにより技術が流出し、損害を受けることはありますか?

 

A 御社の商品が世の中に出回った際に、コピー商品が出現しないかというと、それは誰も保証できないというのが実情です。しかし、最近よくあるのは、技術の流出や、コピー商品の広がりを恐れて中国進出に二の足を踏んでいる間に、日本から先に商品が流出し、自社が進出する前に中国ではコピー商品がオリジナルとして市場を獲得してしまったというケースです。

 

 中国の技術進歩の速度は凄まじいものがありますので、迷っている間に技術が過去のものとなってしまい、市場を失ってしまったというような例も近年多く見受けられるようになりました。コピーが出るからこそ、その前にオリジナルで市場を一気に獲得しておくことが、結局は利益につながるという見方もあります。

 

 それでもコピー商品が出まわってしまい損害を受ける可能性はありますが、市場を放棄して技術を守るか、中国進出をチャンスと捉えて打って出るかは、結局は企業の考え方により左右されます。

 

 今がチャンスという事もありますので、メリット・デメリットをよく見極め、提携先のパートナー選びをしっかりと行うことが重要です。

ページの先頭へ