GERBERA PARTNERSブログ

中国|中国就労ビザ(Zビザ)取得時の留意点を教えてください

2015/12/30

Q 当社では近いうちに、社員を中国の現地法人に赴任させる予定です。中国で就労ビザ(Zビザ)を取得するに際して、留意点があれば教えてください。

 

A 中国の就労ビザは、居留許可証と就労証の2つを合わせて取得する必要があります。

 

 居留許可証は、中国現地法人の登録資本金が300万米ドル未満の場合、1年以上での取得はできません。また、就労証も居留許可証と同じ期限なので、1年以上での取得はできません。

 

 また、駐在員の職務は、管理職でなければなりません。管理職とは、法定代表人、董事長、副董事長、総経理、副総経理、財務総監、部門管理者などが該当します。

 

 また、下記の要件を満たせない場合は、就労ビザの申請が通りにくくなりますので、ご注意ください。

 

 ご本人についての要件は、以下の通りです。

 

□ 大学を卒業していること

□ 中国で従事する職務に、最低2年間の関連職歴があること

□ 満60歳を超えていないこと

□ 中国で犯罪記録がないこと

□ 健康診断の結果に問題がないこと

 

扶養家族については、以下に留意してください。

 

□ 16歳以下は健康診断が不要です。

□ 18歳以上でしたら家族ビザが申請できず、代わりに留学ビザを申請しなければなりません。

 

 ガルベラ・パートナーズでは、就労ビザの代行取得をリーズナブルな価格でお受けしております。詳しくは、ホームページをご覧ください。

 

 弊社で就労ビザの申請を代行させていただく場合は、具体的なスケジュールについて、入国時期をまず決めていただいてから、その前にさかのぼって、いつ、どういう手続きが必要かを検討のうえ、スケジュールをご提案させていただいております。特に、旧正月や国慶節など、中国側の祝日が入る場合は要注意です。

 

 また、どうしても入国とビザ取得のスケジュールが合わない場合は、先にMビザ(商用ビザ)で入国して、あとからZビザを取り直すことも検討いただく必要があります。そういった場合でも、なんなりとご相談ください。


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ