GERBERA PARTNERSブログ

中国|中国の休暇について その1

2016/03/02

Q 中国に子会社があるのですが、従業員の休暇について、日本と制度が違うので整理をしたいと思っています。どのような休暇があるか、教えていただけませんか?

 

A 中国には、日本では考えられないような中国特有の休暇がいろいろあります。中国に赴任した日本人管理者は、その特有性に驚かされることになりますが、今後3回にわたって、中国の休暇制度について、ご案内してまいりたいと思います。

 

 第1回は、法定休日についてご案内します。

法定休日とは、国家が定める祝日及び記念日休暇で、以下の11日をいいます。

 

20160302_1

 

 また、上記以外にも、部分法定休日というものがあり、以下のような休日が法律に定められています。ただし、これらは必ずしも企業が遵守しているわけではなく、すべての企業が従業員に休暇を取らせているとは言えない状況です。

 

20160302_2

 

 以上、中国の休日について解説させていただきました。

 

 本稿は、みずほ銀行が発行するメールマガジン「Mizuho China Monthly 2016年3月号」に寄稿させていただいております。こちらでは、具体的な上限についても触れていますので、ぜひご参照ください。

 

『みずほ銀行 Mizuho China Monthly 2016年3月号』

 

 

 ガルベラ・パートナーズでは、中国の進出サポートだけでなく、中国における会計、税務、労務、貿易や事業展開などについても、ワンストップでサポートしています。お気軽にお問い合わせください!


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

 

 

 

ページの先頭へ