GERBERA PARTNERSブログ

ベトナム|ベトナムではチーフアカウンタントの採用が不可欠でしょうか?

2015/09/16

Q ベトナムの現地法人では、チーフアカウントという経理担当者を採用しなければならないと聞いています。この制度について、詳しく教えていただけませんか?

 

A チーフアカウンタントとは、単なる経理担当者ではなく、会計主任と呼ばれる会計のプロフェッショナルで、外資企業についてはこのチーフアカウンタントを任命し、もしくは雇用することが義務付けられています。

 

 ただし、1年目はこの義務は免除されており、2年目からチーフアカウンタントを置かなければなりません。

 

 そもそも、チーフアカウンタントというのは通常の経理担当者と何が違うのでしょうか?単に記帳をしたり、毎月の税務申告をしたりするだけでなく、チーフアカウンタントはベトナムの会計法令を熟知し、決算書類を作成してそのコンプライアンスを遵守する責任を有しています。単に中級会計資格を有しているだけでなく、2年以上の実務経験がなければならないため、誰でもが簡単に就任できるわけではありません。

 

 チーフアカウンタントを雇用するには月額でUS$500~800(2015年現在)が必要で、日本企業は日本語人材を探そうとしますが、そうなると月給は倍額くらいに跳ね上がります。

 

 ベトナムでは様々な契約書についてベトナム語表記が必要なため、すべてを社内人材に任せてしまうと不正さえも見抜けない事態に陥りますので、複数の目で牽制しあえるような内部統制を構築できない場合は、会計業務をアウトソーシングすることもお勧めです。

 

 そういうわけで、1年目はまだ雇用する必要がないため、いったん会計事務所に代行を委ね、2年目にチーフアカウンタントを雇用するかどうかを検討されるのがよろしいかと思います。

 

 ガルベラ・パートナーズ・ベトナム社では、日本企業の皆様のベトナム進出サポートを行っております。詳細については、以下のサイトに掲載していますので、ぜひご覧ください。

 

『ガルベラのベトナム進出サポート』サイトはこちら


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ