GERBERA PARTNERSブログ

海外進出全般|日系企業の国別の海外進出状況を知りたい!(その2)

2015/05/13

Q 2015年4月現在、日本企業がどの国にどのくらい進出しているかなど、海外進出状況を知りたいのですが、なにかこれらを掲載している公的な資料はありますか?

 

A 2014年10月のデータになりますが、帝国データバンクによる「海外進出に関する企業の意識調査」を公表しています。調査対象は2万3,561社のうち有効回答企業数は1万968社(回答率46.6%)とのことです。

 

—調査結果—

1.企業の27.0%が直接・間接のいずれかで海外に進出。業界別では「製造」「卸売」が突出している。直接進出している企業の具体的内容は「現地法人設立」「生産拠点」「販売拠点」の順で多い。

2.直接進出企業のうち中国に進出している企業は65.0%に達する。中国進出で重視する点は、「生産拠点」と「販売先」が拮抗。政治的な関係悪化で進出を敬遠する企業も多い。

3.直接進出企業のうち4割が撤退または撤退検討の経験がある。その際には資金回収の困難さや現地従業員の処遇の難しさに直面し、特に中国進出企業は法制度や行政手続きを課題として挙げる割合が高くなっている。

4.今後の海外進出先として、生産拠点は「ベトナム」、販売先は「中国」がトップ。生産拠点、販売先ともに、上位10カ国はアメリカを除きアジア諸国が占めた。

 

※本調査の詳細データはこちらに掲載されております。

 

 弊社では、ASEAN、中国への進出についてのご相談をお受けしています。ガルベラ・パートナーズ東京事務所(03-5405-2815)までご相談ください。


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

 

ページの先頭へ