GERBERA PARTNERSブログ

海外進出全般|海外駐在員の出国前手続 「海外転出届」「住民票除票」の影響は?

2016/06/15

Q 当社では、海外に現地法人を設立し、駐在員を派遣する予定です。日本を出国する前に住民票を抜かなくてならないと聞きましたが、住民税や住民票への影響はどのようになるのでしょうか?

 

A 弊社のコンサルティングでも、「住民票を抜いた方がよいですか?」とのご質問を受けることが多くなっています。

 

原則としては、出国前に、自治体に海外転出届を提出することがルールになっているのですが、これにより、諸々の影響が出てまいります。

 

その影響を避けるため、住民票を日本に残したまま、出張扱いで、海外駐在をしているケースもあるようですが、企業コンプライアンスとしては、曖昧な運用となってしまいます。

 

海外進出の初期段階では、ケースバイケースのご判断になると思いますが、その前提として、そもそも「海外転出届」とはどのような手続で、その影響はどのようなものなのか、整理してみたいと思います。

 

(1) 海外転出届について

 

対象者:原則として1年以上の予定で海外に赴任する人

届出先:現住所の市区町村の住民登録窓口

持参物:パスポート、海外出向辞令書など

 

(2) 海外転出届の影響について

 

◆住民税

1月1日時点で、国内に居住していなければ、その年の6月分からの住民税は発生しません。

 

実務上は、住民票が除票されていなくても、会社が給与支払報告書を自治体に提出しなければ、住民税の対象外になるケースもあるようですが、市区町村から会社に問い合わせが来る可能性があります。

 

◆ 国民年金

加入は任意になります。

ただし、会社員の場合は、原則として会社で厚生年金に加入しており、海外赴任後も、継続加入になるケースが多いので、実務上の影響はほとんどないものと思われます。

(配偶者の方も3号被保険者のままになります。)

 

◆ 国民健康保険

加入できなくなります。

ただし、会社員の場合は、原則として会社で健康保険に加入しており、海外赴任後も、継続加入になるケースが多いので、実務上の影響はほとんどないものと思われます。

 

また、海外駐在員は、民間保険会社の海外旅行保険に加入するケースが多く、その場合は、現地での医療は、民間保険でカバーされます。

 

◆ 印鑑証明

市区町村で印鑑証明書が取れなくなります。

海外赴任中は、実印と印鑑証明書を使用することができません。

 

この場合の対処として、居住地の在外公館で「サイン証明」をもらう方法があります。不動産登記・遺産相続・自動車譲渡など印鑑証明が必要な重要書類がある場合は、領事官の前でサインをして、それに証明をもらうことで、印鑑証明と同様の効果が認められます。

 

ただし、海外への書類のやり取りが発生しますので、時間と手間がかかります。特に自動車の売却をする場合は、赴任前に済ませるようにしてください。

 

◆ 住民票

市区町村で住民票が取れなくなります。

ただし、居住地の在外公館で在留証明書を取得することができます。

 

◆ 選挙権

市区町村で選挙ができなくなります。

対応としては、居住地の在外公館で在外選挙人名簿に登録することで、在外選挙が可能になります。

 

◆ その他自治体の住民サービス

家族帯同で海外赴任する場合は、子供の予防接種、定期健康診断の案内が市区町村から届かなくなります。検診のスケジュール等は、現地の日系クリニック等に相談しながら、自己管理するようにしてください。

 

 

 弊グループでは、日系企業様の海外進出を支援させていただいており、海外駐在員の給与、所得税、社会保険、福利厚生等の労務管理のご支援をさせていただいております。ぜひお気軽にご相談ください。

 

ガルベラ・パートナーズの「海外赴任.com

 

 

 


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ