GERBERA PARTNERSブログ

海外進出全般|【2017年最新情報補助金】海外進出でお困りの経営者の皆さま!

2017/04/06

Q 当社も海外進出を検討しておりますが、外国語を使える従業員がいないですし、自社に進出できるだけの体力があるか分かりません。しかし、当社が扱っている商材に関して、業界のマーケットは先細りする一方です。今のうちに対策をしなければと悩んでいます。なにかいい方法はありませんか?

 

A まずは、海外進出に関する補助金や助成金を使うことや、公共機関に相談してみたらいかがでしょうか。

 

今回は、海外進出に有益な情報を紹介いたします。

 

【1 海外進出セミナーの利用】

 

海外進出を決めた貴社。しかし、どの国に進出するか、貴社のどの商材を売り出すか決まっていません。

 

まずは、ジェトロ(日本貿易振興機構)が主催する海外進出セミナーを受講されてはいかがでしょうか?ジェトロでは、毎日のように世界各国を対象とした無料セミナーが開催されています。場所は東京の六本木にあります。貴社所在地が東京ではない場合は、各地の商工会議所を会場として利用し、さまざまなセミナーが開催されています。また中小機構(東京都虎ノ門)も海外進出に関するセミナーを無料で開催しています。

 

【2 補助金・助成金の利用】

 

貴社が売り込みたい商材と売り込みたい国は決まりました。しかし、貴社は今まで外国に商材を輸出したこともないし、外国語を扱える従業員もいない。そこで利用して頂きたいのが、補助金や助成金です。インターネットで「海外 助成金(補助金)」と検索すると、いくつかのウェブサイトがヒットすると思います。2017年4月現在の最新情報をお届けします。

 

(1)アフリカビジネス実証事業

 

「アフリカ」という文字を見て、ブラウザの戻るボタンを押そうとした貴方!ちょっとお待ちください!!昨年の2016年に安倍首相は、第6回アフリカ開発会議(TICAD)で「アフリカ支援に今後3年間で民間資金も合わせて300億ドル(約3兆円)規模を投じる方針を表明」しました。それに先立ってジェトロでは2013年から「アフリカビジネス実証事業」として、出張旅費、調査費の2種類の経費を上限300万円まで支援しています。2017年4月14日が公募締切日になっております(例年募集しています)。

 

(2)海外ビジネス戦略推進支援事業

 

最初にセミナーの紹介で名前を挙げた、中小機構が公募しています。F/S(事業可能性調査)支援や、外国語Webサイト作成支援などを支援します。補助対象経費の1/2(補助対象経費上限額280万円、うち最大140万円まで補助)なので、利用しない手はありません。

 

(3)中小企業海外展開支援事業

 

 

こちらはJICAの事業です。中小企業の優れた製品や技術を途上国の開発に活用することで、途上国の開発課題の解決と、日本国内経済の活性化を目指しているということです。中小企業の海外展開の準備段階に応じ、様々なメニューがあるとのことです。

 

それ以外にも「グローバル技術連携支援事業」「JAPANブランド育成支援事業」「課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業(グローバル展開プログラム(公募型研究テーマ))」「海外進出支援奨励金(送り出し)」「海外展開技術支援助成事業」「コンベンション誘致・開催支援事業「コンベンション開催資金助成」など様々な助成金があります。是非、貴社に合うものを応募してみてください。

 

【3 まとめ】

 

日本には世界で戦える商材や中小企業がたくさんあります。是非、世界へ向けて大きく羽ばたいてみてはいかがでしょうか。世界進出へ一歩を踏み出したときには、是非弊社にご連絡ください。

 

弊社のグループには税務や労務など専門家が在籍しています。何かお困りの際は、ご相談ください。

 


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ