GERBERA PARTNERSブログ

台湾|台湾の百貨店で商品を販売する方法

2015/07/03

Q 海外で商品を販売してみたいと思っているのですが、まずは何から始めれば良いでしょうか?

 

A この年末年始に台湾の遠東百貨店で開催される「ジパング展」に出展し、テストマーケティングをしてみてはいかがでしょうか。

 

 九州ほどの面積を持つ台湾は、人口2300万人強ながらもIT関連輸出が好調で個人消費が増加しています。さらに若い世代を中心に、親日の方も多く、日本製の商品については高くても購入する傾向があります。

 

 その台湾で3本の指に入る大財閥「遠東集団」が運営し、台湾で唯一上場している百貨店「遠東百貨店」が今年の年末年始の54日間にわたり、「ジパング展」を開催します。

 

 「技と心が生きる本物の日本商品」を集め、Made in Japanの商品を台湾でアピールするのですが、最大1フロア161坪のスペースを用意し、クリスマスと春節商戦真っ只中の時期に開催することからも、遠東百貨店側の本気度合いが感じられます。

 

 今回、このジパング展が海外進出のためのテストマーケティングに向いている理由は3つあります。

 

1.費用負担が殆どない

~都内の倉庫までお持ちいただければ、海外輸送費、陳列什器、広告費、販売員の人件費などを全て主催者側で負担します。

 

2.台湾最大手の高級百貨店でかき入れ時に販売

~来場者数40万人を見込み、高所得者が多く訪れます。

 

3.実績づくりとしても最適

~台湾に限らず、今後の海外展開の実績づくりとして最適です。

 

 台湾初出店の日本製商品であれば、チャレンジしても良いイベントだと思いますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ