GERBERA PARTNERSブログ

フィリピン|フィリピンの労務のポイント その1

2016/10/12

Q フィリピンに進出を検討していますが、労務管理が難しいイメージがあります。労務法制の特徴を教えてもらえませんか?

 

A フィリピンの労働者の方々は、日本とは異なる文化を持っていますので、日系企業の画一的なルールを適用するのは難しいことも多いかと思います。

 

 ・キリスト教文化

 ・仕事より家族を大切にする文化

 ・叱責や指導に対する感覚の違い

 

 他にもたくさんの文化的な相違点はありますが、そうした点については、テキストだけではなく、ぜひ現地の方々と交流を深めて、感じ取っていただきたいと思いますが、労働法的な相違点もご確認いただければと思います。

 

 労働法での特別な点は、次のとおりです。

 

(1) 労働時間

1日8時間まで、1週間48時間まで。

 

(2) 時間外割増賃金

時間外労働25%  深夜労働10%(午後10時~午前6時)  休日労働30%  法定祝日100%

 

(3) 休日

連続6日間の勤務日ごとに24時間以上の休息を与えないといけない。

 

(4) 有給休暇

1年以上勤務した従業員に年間5日間の有給休暇を付与する。

 

(5) 産前産後休暇

産前2週間、産後4週間の出産休暇(有給)を付与する。

妻の出産時に、男性には7日間の有給休暇を付与する。

 

※男性の産前産後休暇が特徴です。家族を大切にする文化が表れています。

 

(6) 健康確保措置

健康診断の費用負担、休憩室設置、夜間労働の規制など。

 

(7) 法定賞与制度

1か月分の給与を法定賞与として支給する。

 

※年末のクリスマス前に支給するボーナスで、ダブルペイと呼ばれています。フィリピンの方々にとって、クリスマスは一大イベントです。

 

(8) 賃金支払

賃金は月2回以上の支払いが必要(16日を超えない間隔で)

 

※会社の会計担当者泣かせの月2回支給です。

日系企業にとっては大きな負担となります。

 

(9) 最低賃金

最低賃金について、他のASEAN諸国同様、年々上昇しています。

NCR(マニラ首都区)、Region IV A(カラバルソン地区)など、地区ごとに設定されていますので、自社の工業団地などの地域を確認するようにしましょう。

 

 以上のように、労務管理で注意が必要な点もいくつかあります。こうした点をおろそかにしては、現地の労働者との関係も難しくなりますので、ご注意いただければと思います。

 

弊グループでは、日系企業様の海外進出を支援させていただいており、海外駐在員の給与、所得税、社会保険、福利厚生等の労務管理のご支援をさせていただいております。ぜひお気軽にご相談ください。

 

ガルベラ・パートナーズの「海外赴任.com」

 


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ