GERBERA PARTNERSブログ

新規事業|POSレジのメリットとは?

2015/05/01

Q 新規事業で店舗を構える際、POSレジを導入するかどうか迷っています。導入すべきでしょうか?

 

A まずはPOSレジのメリット・デメリットを理解すべきです。

 

 POSレジとは「POSシステムを導入しているレジスタ」ことです。

 そして、POSシステムとはPoint Of Saleシステムつまり、商取引を行う場所で用いるシステムのことです。1970年代からアメリカ合衆国において、レジ担当者の不正防止や誤った売価での販売などを防ぐ目的で導入され、先行的に発展しました。

 

 POSレジを導入する主なメリットは次の5つです。

1.原価率を下げることができる

2.レジの不正を減らすことができる

3.目標の達成率を上げることができる

4.勤怠管理ができる

5.顧客満足度を上げることができる

 

 逆にデメリットとしては、「初期投資額が高い」「デザイン性に乏しい」などが挙げられますが、初期投資に関してはPOSレジの導入により「人件費削減」「注文ミスなどの防止」を考えると、それ以上のメリットがありますし、最近では低額のPOSレジも販売されています。

 

 メリットやデメリットについてより詳しく知りたい方は4月中旬にリニューアルした「独立支援制度ドットコム」のPOSレジのページをご覧ください。

 


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ