GERBERA PARTNERSブログ

フランチャイズ|店舗を増やして安定収入を得る方法

2015/05/22

Q 客離れが進んでいるマクドナルドは、飲食業ではなく不動産業を営んでいると聞いたのですが、どういうことでしょうか?

 

A 業種の分類としては飲食業ですが、マクドナルドコーポレーションの創業者「レイ・クロック」の言葉を借りれば不動産業と言うことができるかもしれません。

 

世界最大規模の店舗数を誇るマクドナルドですが、創業者のレイ・クロックは大学の講演でこのようなことを言っています。

「私のビジネスはハンバーガーを売ることではない。不動産業だよ。」

 

マクドナルドの店舗数は世界で3万店を超えています。

そして世界最大の不動産所有企業でもあります。

マクドナルドの店舗の多くは、フランチャイズオーナーが運営していますが、一般的なフランチャイズの考え方と異なり、マクドナルドでは本部が所有した土地の代金をフランチャイズオーナーが支払っていると考えているのです。

 

ロイヤリティという収入に加え、家賃収入や店舗資産を分割して支払わせるやり方は、独立支援制度でも利用されています。

 

多店舗化=フランチャイズと考えがちですが、独立支援制度を利用し、安定的に収入を得る、不動産業のような多店舗化も存在します。

直営でもフランチャイズでもない、第三の多店舗化、独立支援制度は安定収入なので、他の2つよりも低リスクの多店舗展開と言えるかもしれません。

 

詳しくは独立支援制度ドットコムに記載していますので、ご興味のある方は一度ご覧ください。

 


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ