GERBERA PARTNERSブログ

M&A|中小企業のためのM&A (シリーズ第1回目 M&Aの概要)

2015/09/11

Q 弊社では事業承継を検討していますが、子供がいないため、どのように承継するか悩んでいます。このような場合、一般的にどのような方法を採るのでしょうか?基本的なことからで結構ですので、教えていただけますでしょうか。

 

A はい、確かに最近の事業承継では親族「内」の承継だけでなく、親族「外」の承継が多くなってきています。ある統計では事業承継の4割が親族「外」承継と言われています。

 

 親族外承継で真っ先に思いつくのが、会社を売却するという意味での「M&A」ではないでしょうか。

 

 M&Aと言っても、手法(合併、株式譲渡、事業譲渡、株式交換、業務提携など)や、業者の選定(M&A専門の業者、商工会議所、顧問税理士経由、中小企業基盤機構など)、料金体系(着手金、中間金、成功報酬、リテーナーフィーなど)、専門家への依頼事項(財務・法務・税務デューデリジェンス、ファイナンシャルアドバイザー、精通者による鑑定、不動産調査、労務問題など)、などやることは多岐に渡ります。

 

 今回から数回にわたり、特に「中小・零細企業向けのM&A」について連載して参ります。次回からの予定としては以下の順で、詳細についてご案内して参ります。

 

1.業者の選定(そもそもM&Aを誰に頼めばいいか)

2.手法(どのような方法が一番自社に適しているか)

3.料金体系(どの時点で、どのくらい、誰がフィーを払うのか)

4.税務、労務、法務の観点からの注意点

5.成功事例・失敗事例のご紹介

6.M&Aを終えた後

 

 ご自身のご興味があるテーマのみ見ていただいても結構です。また、「自分は親族内承継だから関係ないかな」とお考えの方でも、M&Aは非常に参考になる部分もありますので、是非ご参考にしてみて下さい。それでは、次回は「業者の選定」についてお話を進めて参ります。楽しみにしていてください。


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

 

ページの先頭へ