GERBERA PARTNERSブログ

経営|自社で抱えきれない仕事をWEBで外注する!

2016/03/18

Q 従業員の確保に苦しんでいる会社が多いと聞きます。その際、1つの方法としては、外注して仕事を他社へ依頼することがあると思います。そこで、外注先についてWEBを使ってコンペ方式で依頼するようなことをやっている経営者を見かけました。どのようなものなのでしょうか?

 

A ここ最近、人材採用に皆さんとても苦労しているようです。景気がよくなると売り手市場になり、求職者も傾向として上場会社や中堅企業など比較的経営基盤が安定している大手企業へ勤めよう、と考えるようになります。

 

 そのため、中小企業は採用にとても苦労することになります。方法として一般的には広告を出して求人する、紹介会社(エージェント)へ依頼する、一時的にでも派遣社員で補う、ヘッドハンティング会社へ依頼する、などがあります。

 

 また、少し工夫している会社では、自社のホームページで採用専門のサイトを作る、採用コンサルを有料で入れてみる、など色々と工夫をされているようです。しかし、自社でどうしても回らない場合には外注先へ仕事を振る、という選択枠も出てきます。

 

 そこで、最近ではWEBを使って、広く、コンペ方式で、安く、期限を決めて仕事の発注をかける、という方法を選択する会社も増えてきています。

 

有名なサイトしては、以下が挙げられます。

1.ランサーズ

2.クラウドワークス

3.クリエイターズシップ

 

 依頼する仕事の内容は様々ですが、例えばロゴの作成、記事の作成、デザインの作成、ホームページの作成、データの解析、アプリ開発、翻訳、ネーミング、会計入力、メルマガ文章の作成、ホームページ文章の作成、など様々です。

 

 各サイトで強み、料金体系などが微妙に異なりますので、一度上記のURLからアクセスいただき、各社のホームページをご覧になってみてください。依頼に向いている仕事と、そうでないものがありますので、何でもかんでも依頼することは難しいですが、今後このようなコンペ方式による仕事の発注形態も様々な業種に対応するようになってくると思われます。

 

 まずは小さい案件から依頼してみて、良いクリエイターを見つけて継続的に依頼する、という方法も外注先の新たな発掘方法として有効かもしれません。


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

 

ページの先頭へ