税務調査 < 税務

専門家集団によるワンストップ・ソリューション
Best bussiness solutions

GERBERA PARTNERSブログ
ホーム > ブログトップ > 税務 > 税務調査

税務調査

更生決定等をすべきと認められない旨の通知書とは何でしょうか?

2016/06/23

Q 当社はこの度、4年ぶりに税務調査(法人税、消費税、源泉所得税)を受けて、最終期の法人税だけ修正申告を行いました。繰越欠損金があったので、結果的に追加の税額は一切発生しませんでした。

 修正申告を済ませてしばらくしてから、税務署より「更生決定等をすべきと認められない旨の通知書」が送られてきました。内容をみてもよくわかりません。どういう事か教えて頂けますでしょうか。

 

回答を見る▶

税務調査では、メールの内容も調査対象!?

2015/07/13

Q 税務調査では、会計帳簿や証憑などの会計資料以外にメールのやり取りなども閲覧対象になると聞きました。メールの内容は外部に出せない機密性の高い内容もありむやみに閲覧させたくないのですが、閲覧させないことなど可能なのでしょうか。

 

回答を見る▶

横領発覚!横領にも税金がかかる!?

2015/03/26

Q 先日、税務調査が入りました。そこでなんと信用していた経理担当者の横領が発覚。やり口は売上の未計上と外注の架空発注でした。もちろん、会社として意図して脱税をしたわけではありません。横領した経理担当者からはなんとか1円でも返済してもらいたいと思っています。税務署からは、未計上の売上と架空発注の外注費について税金を課せられ、しかも追徴の税金も必要と言われました。会社は被害者でもあるにも関わらず、こんなに余計な税金を請求されることに違和感を拭えません。本当に税金を支払わなければなりませんか?

 

回答を見る▶

税務調査最前線!税務調査のポイントを大公開します!

2015/02/20

Q 税務調査が最近来ないのですが、最近の税務調査で注意すべき点を教えてください。

 

回答を見る▶

業務委託契約が問題になるのはどんな時ですか?

2014/11/13

Q 税務調査で給料と業務委託がよく問題になると言われます。いったいどういう事でしょうか?

 

回答を見る▶

会社が被害者でも税務調査で重加算税が課されるって本当ですか?

2014/08/11

Q 会社が自社の役員や社員の横領等によって被害を受けたとしても、その被害額は会社の損失として認められないばかりか、横領が法人の仮装隠ぺい行為と認定され税務調査で重加算税が課せられるというのは本当ですか?

 

回答を見る▶

税務調査でパソコン内のデータを渡す必要はあるのでしょうか?

2014/07/17

Q 当社では、税務調査が3~5年ごとにあります。最近の税務調査では調査官より帳簿書類などについて電子媒体での提出を求められることがあります。この場合、拒否することはできるのでしょうか?

 

回答を見る▶

ページの先頭へ