GERBERA PARTNERSブログ

ベトナム|ベトナムへの進出形態(基礎編Vol,2)

2016/10/19

Q ベトナムへの進出を考えていますが、ベトナム進出の基本情報(投資、進出形態)について教えてもらえませんか?

 

A ベトナム進出を手掛けている会社は最近多くみかけますが、あるコンサルティング会社へ依頼したのに事業ライセンスが取れなかったというお客様とお会いしました。ベトナムでは法整備がおいついておらず制度と実務、運用に乖離があるため、予期せぬトラブルに遭遇することもございます。会社のホームページやパンフレットだけで選ぶのではなく進出においてはコンサルティング会社と実際にあい信頼関係が築ける関係性が築けるか、相性なども重要になってきますので慎重な見極めが必要です。

 

【ベトナム投資形態】

 

(1) 100%外国投資企業:

 有限会社、株式会社、合名会社、私営企業の4種類があり、それぞれ外国の投資家が経営の責任を行うことになります。また設立認可を受けることが困難で、事業協力契約または合弁企業の形態でのみ認められる投資分野があります。

 

(2) 合弁企業:

 合弁契約に基づいて設立される形態です。出資者は、出資比率に応じた責任を負うことになり、既存のネットワーク、取引先、人脈、技術などが必要な時に有効です。

 

(3) 事業協力契約:

 ベトナム側当事者と外国側当事者が結ぶ契約であり、法人が設立されない為契約当事者は無限の責任を負う可能性があります。政府が規制している特定事業や期間限定、短期間で行う事業に用いられることが多いです。

 

(4) 間接投資(買取、合併、株式取得):

 直接事業の運営には参加せず、ベトナムで事業を経営している企業に対し株式、社債及び法律の規定する範囲で各種証券を購入し、間接的に資金支援行い、証券投資基金などの財務制度を通じた投資形態を指します。

 

 ベトナム進出にあわせて、進出後の税、労務サポートにおきましては、日本側では(株)アセアン・フォーカス、ガルベラグループがサポートし、現地ベトナムには弊社100%子会社のガルベラ・パートナーズベトナム(日本人常駐)が会社設立、ライセンス取得、登記、労働許可書の取得、人事制度設計、報酬規程の作成、評価制度の設計、税務対応等ワンストップで日本とベトナム側でサポート致します。

ベトナム進出にご興味、関心がございましたら、ガルベラ・パートナーズまでお問合せください。

 

 

 

弊社グループはホーチミンに現地法人をもち、現地日系企業様の採用のご支援もさせていただいております。今後も、現地より最新の情報発信を行ってまいります。

また、ベトナム進出をご検討の企業様につきましては、現地アテンド、会計税務のご支援、就業規則・雇用契約書等労務のご支援、秘書・通訳や人事・総務・経理スタッフの人材紹介など、様々なご支援が可能です。

 

ぜひお気軽にご相談ください。

 

ガルベラ・パートナーズ「ベトナム進出サポートセンター」

 

 

 


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

ページの先頭へ