GERBERA PARTNERSブログ

マイナンバー,フランチャイズ|フランチャイズ契約書にマイナンバーに関する条文が必要?

2015/10/16

Q 10月からマイナンバーの通知がはじまりましたが、フランチャイズの加盟契約書にマイナンバーに関する条文を追記する必要がありますか?

 

A 基本的には必要ないと考えます。

 

 マイナンバー法9条3項等のマイナンバー取得の前提となる利用範囲を確認する限りでは、フランチャイズ契約の当事者間同士で、マイナンバーを提供するということは原則あり得ないはずです。

 

 ただし、社内フランチャイズのような形で独立者が個人事業主の場合、その内容によっては追記が必要な場合もあり得そうです。

 

 通常のフランチャイズにおいても100%必要ないとは言い切れません。フランチャイズの仕組みによっては追記が必要になるケースも考えられます。

 

 加盟店からの相談に対応できるかなど、もしもマイナンバーについて不安を感じているようでしたら、私どもが運営する「マイナンバー相談室」のご利用をお奨めします。

 

 月額5,000円(税別)でマイナンバーはもちろん、労務に関するご相談にも対応いたしますので、まずは一度ご相談ください。詳しくはこちらより「マイナンバー相談室」のページをご覧ください。


◆ ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

当社では毎月1回、ご登録をいただいた皆様へメールマガジンを配信しております。

税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスをご案内しておりますので、ぜひ貴社の経営にご活用ください!

 

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら!!

 

ページの先頭へ