GERBERA PARTNERSブログ

自動車税|軽自動車税の増税!時期はいつからなの?

2015/02/12

Q 税金や保険など、何かと維持費の安い軽自動車ですが、この度軽自動車税が増税されると聞きました。それはいつからいくら増えるのでしょうか?私としましては、価格が安くて燃費もよい軽自動車の購入を考えているのですが、少し躊躇しております。

 

A 軽自動車税は、毎年4月1日時点で、原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪車(オートバイ)・三輪以上の軽自動車を所有している方に課せられる税金です。

 

 よって、廃車や売却のほか、盗難や出国のために軽自動車を所有しなくなった場合には、3月末日までに廃車の手続きが必要です。廃車の手続場所は、軽自動車の排気量によって異なってまいります。

 

 さて、気になる税金ですが、平成27年4月1日以降に新規審査を受ける車両から下記の新税率が適用されます。原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪車(オートバイ)は増税が1年延期され、平成28年4月1日以降となります。

 

 平成28年度から、地球環境保護の観点から最初の新規検査から13年を経過した三輪以上の軽自動車(平成14年以前に新規検査を受けた車両)については、重課税率が適用されます。重課税率は新税率よりも少し高くなっておりますのでご注意ください。

 

20150212 

 

 最後に、上記の新規審査というのは車検証の登録のことをいいます。従いまして、自動車検査証の「初度検査年月」が平成27年4月以後のものに新税率が課されますので、何が何でも3月末日までに車両の引渡し(納車)を受けるという必要はなさそうです。

ページの先頭へ