GERBERA PARTNERSブログ

海外

ベトナム|ベトナムのテト休暇日本にいるベトナム人はどこへ

2018/02/09

Q、日本にある中堅企業メーカーです。ベトナム人を数名雇用していますが、日ごろの勤務ぶりは大変真面目で助かっておりますが、2月の中旬から1週間ほど全員が休みを欲しいと言ってきて、少々困惑しています。ベトナムへ帰省をするようですがテト休暇はベトナム人にとってそれほど重要なものなのですか?

回答を見る▶

タイ|『タイ駐在員向けバンコク住宅事情』

2018/01/26

Q、タイ・バンコクへ社員を赴任させるにあたり、海外赴任規程の内容が古いままなので、住宅手当(家賃補助)をどのように見直すか検討しております。内容を見直すにあたりタイ・バンコクの家賃や住宅手当の状況はいかがなものでしょうか?

回答を見る▶

ベトナム|ベトナムの進出のポイント(番外編)
ベトナムの一大イベントのひとつテト休暇について触れたいと思います

2018/01/12

Q、ベトナムへ進出してまだ1年未満ですが、社員同士が今年のテト休暇の話で盛り上がっており、社長である私に今年のテト休暇何日ぐらいありますか?と聞いてきます。そもそもベトナムのテト休暇とはなんでしょうか?

回答を見る▶

香港,台湾,中国|中国、香港、台湾の2018年度の休日カレンダーについて

2018/01/05

Q、2018年がはじまりました。当社は中国、香港、台湾に進出しているのですが、各国の休日カレンダーと、その休日の意味を教えてください。

回答を見る▶

シンガポール|シンガポール人の雇用促進政策による外国人の雇用抑制

2017/12/22

Q、シンガポール政府が、シンガポール人への雇用促進の政策により、外国人の雇用抑制の制度が導入されていることで、日本からの社員を赴任することへの影響は?

回答を見る▶

中国|大人気!中国語教室のクリスマスキャンペーン開催中

2017/12/12

\中国語教室クリスマスキャンペーン開催中/
一緒に中国語を楽しく勉強しませんか!

回答を見る▶

香港|香港の法人税率が8.25%へ!このタックス・メリットを活かす方法とは?

2017/11/29

Q、香港の法人税率が一定の所得金額までは8.25%に軽減されると聞きました。日本から香港に進出する中小企業は、国税庁のタックスヘイブン対策税制により、この軽減税率はあまり意味がないと聞きましたが、本当なのでしょうか?

回答を見る▶

ベトナム|ベトナム進出のポイント(労務VoL7) ベトナムでの成功はベトナム人の採用、労務、教育、育成がポイントです。今回はベトナム人の評価について!!

2017/11/24

Q、ベトナム人の定着と育成に、何かよい方法はありませんか?
ベトナムに進出している日系企業からのベトナム国の課題調査(サーベイ)で常に上位にあるのがベトナム人のレベル、マネジメント、教育、育成です。若い世代が特に多いベトナム、それは魅力的な側面もありますが、逆の見方をすると、マネジメント人材層が薄いということも言えます。日本企業が進出し、駐在する日本人が最初に困惑するのは、このベトナム人の採用と教育、育成、マネジメントについてです。

回答を見る▶

タイ|タイへの短期出張で気をつけるべきこと

2017/11/07

Q、タイへ短期出張なので、観光ビザでも大丈夫ですか?

回答を見る▶

ベトナム|ベトナムで働き、滞在する際に必要な労働許可書・ビザについて教えてもらえませんか?

2017/10/27

Q、よくいわれる、ビザと労働許可証の違いはなんでしょうか?

回答を見る▶

ベトナム|ベトナムで働き、滞在する際に必要な労働許可書・ビザについて教えてもらえませんか?

2017/10/06

Q、よくいわれる、ビザと労働許可書の違いはなんでしょうか?

回答を見る▶

海外人材|『高度外国人材を採用する方法』

2017/09/22

Q、採用活動を行うにあたり、日本の留学生をはじめとする外国人の採用を検討しているのですが、日本国内にいる高度外国人材の採用がなかなか難しいので、どうしたらいいでしょうか?

回答を見る▶

シンガポール|目まぐるしく変わるシンガポール就労パス取得要件

2017/09/01

Q、シンガポールオフィスで日本人を現地で採用するにあたり、また既に雇用している日本人の更新における就労パスと呼ばれるEP(Employment Pass)取得が厳しいと聞いているが、取得要件と現状について教えてください?

回答を見る▶

中国|中国の所得税と社会保険料を手取給与から算出する方法

2017/08/17

Q、中国に赴任している者がいるのですが、中国での個人所得税や社会保険料について、どのように算出すればいいか悩んでいます。なお、当社では手取り給与を先に決定して、そこからグロスアップして個人所得税、社会保険料を算出したいと考えております。

回答を見る▶

ベトナム|ベトナム進出のポイント(ベトナム労務Vol.6 所得税について)

2017/07/21

Q. 中国の人件費の高騰と日本国内での労働者の採用難の状況を考え、ベトナムへの進出を検討しています。以前のような最低賃金の上昇はないようですが、ワーカーの賃金の情報収集をしていると日本人(駐在員)の個人所得税についても、想定以上に掛かるというイメージを持っています。ベトナムの個人所得税を教えて頂けないでしょうか?また特に注意するポイントがあれば教えてください。

回答を見る▶

海外人材|はじめての海外展開で、考えるべき異文化コミュニケーション

2017/06/22

Q 弊社にも新しい従業員として、外国人従業員が入社しました。
 日本語が堪能なため、ビジネス上の会話・メールをやり取りする分には全く困らないのですが、日本の職場で働くことでストレスを抱えているように見えます。社内の国際化の為に、何をしたらいいかご教示ください。

回答を見る▶

ベトナム|ベトナム進出のポイント(労務Vol.5)

2017/06/09

Q ベトナムへ既に進出をしておりますが、ベトナム人スタッフが妊娠をし、休暇について話をする予定です。スタッフと話をする前にベトナムの社会保険制度ついて教えて頂きたいです。

回答を見る▶

海外進出全般|【UAE(ドバイ)進出企業向け】2017年巡礼休暇と中東・北アフリカ労働法

2017/05/25

Q ドバイに初めて支店を持ち、ドバイ人他イスラム教徒(ムスリム)のローカルスタッフを雇っています。今年の巡礼月(ハッジ月)に休暇を取るスタッフが多いた為、どのように対応したら良いでしょうか?
 また、イスラム教徒(ムスリム)の習慣で知っておくべきこと・気を付けるべき点を教えて下さい。

回答を見る▶

ベトナム|ベトナム進出のポイント(労務Vol.4)

2017/04/21

Q 過日の新聞記事には中小企業が海外進出を検討する国としてベトナムが一番になっておりました。弊社もベトナム進出を検討していいますが、ベトナムでの労務管理などにおいて注意するべき点はどのあたりでしょうか?

 

回答を見る▶

イスラム圏|【イスラム圏進出】2017年のラマダンについて企業がとるべき対策

2017/04/20

Q 当社は、本年度マレーシアに初めて生産拠点を持ちました。マレーシアのローカルスタッフを雇っていて、ムスリム(イスラム教徒)の従業員もいます。しかし、どのように対応していいか分かりません。ムスリムの習慣で知っておくべきこと・気を付けるべき点をご教示ください。

 

回答を見る▶

ページの先頭へ