GERBERA PARTNERSブログ

中国|中国にも花火大会がありますか?

2018/08/24

Q、日本の夏の風物詩といえば、花火。花火大会は日本各地の夏の一大イベントですが、中国にも花火大会がありますか?


 
A、中国も花火大会はありますが、一般的には夏ではなく、どちらかというと寒い時期に多いイメージがあります。なぜなら、中国で花火は夏のイベントではなく、特別な日のお祝いとしてやるものだからです。

解説(公開日:2018/08/24  最終更新日:2018/08/27 )

日本の夏の風物詩といえば、花火。

先日私も浴衣を着て家の近くの花火大会に行きました。

花火が終わった瞬間に、今年も夏が終わるなーと寂しかったです。

しかしこれは日本人なら良く分かる気持ちですが、日本に住んでいない中国人には理解できないものです。

 

では、『そもそも中国にも花火大会がありますか?』これは毎年の夏に聞かれる位の良くある質問です。

 

中国も花火大会はありますが、一般的には夏ではなく、どちらかというと寒い時期に多いイメージがあります。

なぜなら、中国で花火は夏のイベントではなく、特別な日のお祝いとしてやるものだからです。

国慶節(10月1日)、お正月、元宵節などメインな祝日に良くやります。いずれも秋か冬の寒い時期です。

 

先日花火大会の写真をwe chat(中国版Line、中国で一番人気のSNS)にアップしたら、母からも友達からも、「今日は何の祝日?」とコメントがありました。

 

中国人の中で花火は特別な日にやるものだということが良く分かります。

「祝日ではなく、日本の夏の風物詩よ」と返事したら、みんなから「中国のお正月みたい~」と更にコメントが返ってきました。

 

日本の花火大会は屋台の出るところが多く、リンゴ飴、焼きそば、たこ焼きなどが定番の軽食です。

 

中国はどうでしょうか。

 

中国では屋台のない場合が多いです。その代わりに、獅子舞や灯籠謎解きゲームなどは良くあります。

場所によって、屋台のあるところもありますが、定番の軽食は下の写真の「糖葫芦」(リンゴ飴のサンザシバージョン)、綿あめ、羊の串焼き、蒸し餅などです。

 

 

「花火」の中国語はたくさん言い方がありまして、良く使う5つをご紹介いたします。

 

 

中国の文化や語学を学びたい方は、弊社が運営している中国語教室チャイナ・フォーカス・アカデミーをお選びいただければ幸いです。教室にての勉強はもちろんのこと、御社まで講師を派遣することも可能です。また、中国人観光客の受入接遇をテーマとした中国語圏異文化認識セミナーも行っており、御社まで講師が出張セミナーをご提供いたします。

 

  • 無料体験レッスンを受付しております。
  • まずはお気軽にお問合せください。
  • 電話:0364309366
  • メール:info@china-focus.jp

 
 

■グループ運営サイト■

中国ビジネスサポート 香港進出サポート 海外赴任.com 国際労務.COM 外国人雇用と就労ビザ China Focus Academy China Focus Academy(講師派遣) ガルベラセミナー

 
 

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら

ページの先頭へ