GERBERA PARTNERSブログ

中国|なぜ中国のお正月は毎年違う日なの?

2020/01/22

Q、なぜ中国のお正月は毎年違う日なの?

 
A、2020年の中国の大晦日は1月24日、春節(お正月)は1月25日になっています。
 

解説(公開日:2020/01/22  最終更新日:2020/02/27 )

 

中国のお正月は西暦から見ると、毎年ごろごろ変わっているように見えますので、きっと不思議に思っている方は多いかと思います。

 

お正月は一年の始まりの日なのに、なぜ決まった日ではなく、ごろごろ変わるのでしょうか?

毎年のスタートが変わってしまうではないでしょうか?

 

実は西暦から見ると毎年変わっていますが、旧暦から見ると毎年お正月は1月1日で変わっていません。

 

では、西暦と旧暦の違いは何でしょうか。

 

西暦の一年の計算の仕方は皆さんご存知の通り、地球が太陽をめぐって一周したら一年となります。

 

一方で、旧暦は月の周期で計算し、満月から次の満月になるまでが一カ月となり、約29.5306日になります。

12カ月は354日か355日になり、西暦より11日位少ないので、3年間だとトータルで一カ月位ずれることになります。

 

このままそのずれを放置していくと、お正月が夏に来ることもありうるので、そうならないように、旧暦の一年間を時々13カ月にして、調整しています。

 

そのため、旧暦のカレンダーを見てみると、時々6月が二つの場合もあります。

もちろん他の月が二つの場合もありますが、夏に同じ月が二つの時が多いです。

 
 

ガルベラ・パートナーズグループでは、中国の文化や語学を学びたい方に向けて、中国語教室チャイナ・フォーカス・アカデミーを運営しています。

教室にての勉強はもちろんのこと、御社まで講師を派遣することも可能です。

また、中国人観光客の受入接遇をテーマとした中国語圏異文化認識セミナーも行っており、御社まで講師が出張セミナーをご提供いたしますので、小売業や飲食業などのインバウンド事業を行っておられる会社様はぜひご検討ください。

 
 
 

■グループ運営サイト■

中国ビジネスサポート 香港進出サポート 海外赴任.com 国際労務.COM 外国人雇用と就労ビザ China Focus Academy China Focus Academy(講師派遣) ガルベラセミナー

 
 

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら

ページの先頭へ