GERBERA PARTNERSブログ

タイ|『タイでの滞在は90日毎に報告が必要』

2018/05/11

Q、タイでの滞在において定期的にイミグレーションへ出頭しなくてはならないとのことを聞いていますが、どのようなことでしょうか?何か気をつけることなどありますか?

 
A、タイで90日以上滞在する外国人は、90日毎にイミグレーションに居住先の住所を報告しなければなりません。「90日レポート」
 

解説(公開日:2018/05/11)

タイで90日を超えて滞在する外国人がする居住先レポートの手続方法は、下記の通りです。

 

  • ・イミグレーションに出頭
  • ・郵送
  • ・オンライン申請

 

90日レポートはビザの有効期限とは別で、タイ入国日から起算して90日目に居住している住所をイミグレーションへ提出しなければなりません。
出頭による申請期間は、滞在90日目となる日の15日前から滞在90日目となる日の7日後までとなります。出頭は本人でなくても、申請期間内では代理人により手続きが可能です。

 

90日レポート手続き代行会社を利用したり、企業内の総務担当者などが手続きを行っているところもあります。

 

郵送は所定の申告書を用意し、他の必要書類等を同封して送ることになるのですが、確実に届いているかどうか、記載内容等に不備があったりすると、また時間を要するのでお勧めできません。

 

オンライン申請は昨年より開始となりましたが、まだシステムで申請しても、一旦PENDINGで回答待ちになるようです。
また、初回の申請の場合、イミグレーションで直接申請手続きとなります。

 

注意する点として、90日より前にタイを出国して再入国した場合、再入国日から再カウントで、90日レポートのための日付がリセットされ、タイに再入国した日を1日目として数え直しとなります。

 

90日レポートはうっかりして忘れやすいですので、タイから出国する予定のない方は、常に該当する日を意識して、カレンダーなどに記しておくといいです。先に説明しましたが、タイから出国して海外に行かれることが多い場合、再入国日から起算となるので、カウントに注意してください。

 

90日レポートを忘れた場合は、初回の罰金2,000バーツとなり、次回より最大5,000バーツとなります。

また、家族帯同者がいらっしゃる場合、ご家族の方のカウントも十分留意してください。

 

ガルベラ・パートナーズグループのアジア域の海外拠点は、タイ、ベトナムや中国(上海)にオフィスがあり、進出支援、進出後サポート業務、採用支援などを行っております。アセアン・フォーカスでは、タイ、ベトナム進出支援をはじめ、外国人採用支援・海外人材紹介サービスを行っております。お気軽にお問い合わせください。

 
 


 
 

■グループ運営サイト■

ベトナム進出ドットコム タイ進出サポート アジア就職・転職サポートセンター 外国人採用支援.com 国際税務ドットコム 海外赴任.com 国際労務.COM ガルベラセミナー

 
 

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら

ページの先頭へ