GERBERA PARTNERSブログ

消費税|買い溜め?補助金?直前!増税2019【必見リスト】

2019/09/20

Q、令和元年10月消費税増税までカウントダウン!国は増税による国民負担の軽減のため諸制度を設けていると聞きますが、よくわからないし損もしたくはありません。今回の消費税増税は「軽減税率制度」。キャッシュレス決済でポイント還元など、うまく利用できれば税負担を軽くできそうな気はしますが……今、最も「すべきこと」「できること」は何ですか?


 


 

 


 
A、今駆け込んでも購入した方がいいもの

  1. ① 「先に払って後で使う」定期券、切符、映画・テーマパークチケット
  2. ② 高価な家電家具や書籍、常備薬コンタクトなど
  3. ③ 軽減税率対象外である酒類

 
今購入を急がなくていいもの

  1. ① トイレットペーパーや洗剤など、日常的頻繁に特売セール品となるもの
  2. ② 商品券、切手、チャージ代など、買ったときには消費税がかからないもの
  3. ③ ポイント還元になる消費(キーワードは“キャッシュレス”)
  4. ④ 軽減税率対象となるもの
  5. ⑤ そもそも消費税がかかってないもの


 

解説(公開日:2019/09/20  最終更新日:2019/09/25 )

 

“キャッシュレス”で消費税負担が軽くなる⁉

2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援するキャッシュレス・消費者還元事業が行われます。

 

キャッシュレス・消費者還元事業対象の小規模事業者のお店で、軽減税率制度の対象となる飲食料品をキャッシュレスで購入すれば、消費税は8%(2%分お得)で購入することが出来て、あとで5%分も返ってくるので、現金払いで外食をするときと比べて合計7%分もお得、になります(という見方も)。

これに加えて各キャッシュレス手段の通常のポイント等も貯まるのでかなりお得になることは間違いありません。

 

(経済産業省)

 

増税に併せて実施される【税負担緩和措置】も是非覚えておきましょう!

  1. ・幼児教育・保育の無償化
  2. ・住宅ローン減税の拡充
  3. ・自動車税環境性能割の導入

(“住宅”“車”の購入は、増税したあとも十分検討の余地があります!)

【税負担緩和措置】にご不明な点がある方は、此処ガルベラ・パートナーズまで

 

参考サイト

  1. 軽減税率対策補助金
  2. 消費税の軽減税率制度について
  3. 消費税の軽減税率制度に対応した経理・申告ガイド

 
 


 
 

■グループ運営サイト■

国際税務ドットコム ホールディングス化サポート.com 会社分割なび 事業売却なび 出資持分対策なび ガルベラセミナー

 
 

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら

ページの先頭へ