GERBERA PARTNERSブログ

助成金・給付金|【新型コロナ関連!】雇用調整助成金の申請書類の書き方

2020/05/24

Q、雇用調整助成金の書類について教えてください。

 

A、今回の新型コロナウイルス関連での雇用調整助成金については、支給申請の書類にいくつかの種類が存在します。雇用保険加入者を対象とした雇用調整助成金と雇用保険未加入者を対象とした緊急雇用安定助成金でも申請書類が異なりますし、また会社規模でも申請書類が異なります。以下、詳しく解説します。また、雇用調整助成金特集ページでご紹介しております雇用調整助成金についての有償サイトでは、書類の書き方について動画にて詳しく書き方を解説しております。ぜひご参考になさってください。

 

解説(公開日:2020/05/24 最終更新日:2020/07/22)

 

今回の新型コロナウイルス関連での雇用調整助成金では大きく分けて2つの申請書類が存在します。

 

① 従業員が20人超えの会社の雇用調整助成金と緊急雇用安定助成金の申請書類

 

従業員が20人を超えている会社で、雇用保険に加入している従業員についての「雇用調整助成金」の支給申請を行う場合は、「雇用調整助成金」用の申請書類を使用してください。また、雇用保険に加入していない従業員について「緊急雇用安定助成金」の支給申請を行う場合は、「緊急雇用安定助成金」用の申請書類を使用してください。

 

《申請書類》

  1. 【1】雇用調整実施事業所事業活動の状況に関する申出書(売上が以前と比較して5%以上下がっていることを申出する書類)
  2. 【2】休業協定書と労働者代表選任届(今回の休業についての休業手当率等を明記した労使協定)
  3. 【3】実績一覧表(従業員の休業の実績を一覧としてまとめた書類)
  4. 【4】雇用調整助成金/緊急雇用安定助成金 支給申請書
  5. 【5】助成額算定書(助成額の計算書)
  6. 【6】雇用調整助成金/緊急雇用安定助成金 支給要件確認申立書(雇用調整助成金、緊急雇用安定助成金を支給する資格の有無を確認する書類)
 

《添付書類》

  1. 【1】休業した月もしくはその前月もしくはその前々月およびその前々月以降1年間の中の任意の月のそれぞれ売上がわかる書類(売上が以前と比較して5%以上下がっていることを証明するための書類)
  2. 【2】労働者名簿(会社の規模を確認するための書類)
  3. 【3】タイムカードやシフト表(休業させた日や時間がわかる書類)
  4. 【4】給与明細の写しや賃金台帳(休業手当額や賃金額がわかる書類)
  5. 【5】判定基礎期間前3ヶ月の給与明細の写しか賃金台帳(平均賃金額を確認するための書類)
  6. 【6】役員名簿(役員がいる場合のみ)
  7. 【7】就業規則や賃金規定※変形労働時間制を導入している場合等必要に応じて
 

② 従業員が20人以下の小規模事業主の雇用調整助成金と緊急雇用安定助成金の申請書類

 

従業員が20人以下の小規模事業主につきましては、雇用調整助成金、緊急雇用安定助成金の申請書類は大幅に簡素化されています。雇用保険に加入している従業員についての「雇用調整助成金」の支給申請を行う場合は「雇用調整助成金」用の申請書類を使用してください。

また、雇用保険に加入していない従業員について「緊急雇用安定助成金」の支給申請を行う場合は「緊急雇用安定助成金」用の申請書類を使用してください。

 

《申請書類》

  1. 【1】休業実績一覧表(従業員の休業の実績を一覧としてまとめた書類)
  2. 【2】助成率確認票
  3. 【3】雇用調整助成金/緊急雇用安定助成金 支給申請書(助成額の計算書)
  4. 【4】雇用調整助成金/緊急雇用安定助成金 支給要件確認申立書(雇用調整助成金、緊急雇用安定助成金を支給する資格の有無を確認する書類)
 

《添付書類》

  1. 【1】休業した月もしくはその前月と、その1年前の同月のそれぞれ売上がわかる書類(売上が前年と比較して5%以上下がっていることを証明するための書類)
  2. 【2】タイムカードやシフト表(休業させた日や時間がわかる書類)
  3. 【3】給与明細の写しや賃金台帳(休業手当額や賃金額がわかる書類)
  4. 【4】役員名簿(役員がいる場合のみ)
 

小規模事業主の場合は休業実績一覧表に従業員代表の署名をする欄がありますので、そちらに署名をすれば、休業協定書の提出は不要となります。

 

まとめ

 

今回の新型コロナウイルス関連の雇用調整助成金は、事業主の申請手続きの負担を軽減する趣旨で、何度も改正が行われております。それに伴い雇用調整助成金の助成額の計算方法や申請書類自体が変更となり、計算で使用することのできる書類の種類も増えました。しかしながら、その分少し複雑になった部分もあり、やはり難解な助成金には変わりありません。でも、難解だからという理由で雇用調整助成金の申請をあきらめるのは勿体ないと思います。今回の新型コロナウイルスの影響により多くの方が大変な思いをされており、休業を余儀なくされて企業様にはご苦労が絶えないことと思います。この雇用調整助成金について詳しく解説することで多くの方に少しでも役に立てれば幸いと存じます。

 

雇用調整助成金特集ページでも動画などを用いてわかりやすく、そして詳しく今回の雇用調整助成金についての解説をしておりますので、雇用調整助成金特集ページも参考になさってください。

 

【ご案内】

ガルベラ・パートナーズグループでは、所属の税理士や社会保険労務士が、税務や労務のご相談のほか、記帳代行や給与計算代行や社会保険手続代行業務、就業規則や人事評価制度の整備などと合わせて、融資や補助金・助成金、事業計画についてのアドバイスも行っております。

すでに顧問税理士や顧問社労士がいらっしゃる企業様に対しても、セカンドオピニオン契約(月1万円、年間契約)により、雇用調整助成金や資金調達のアドバイスを行っております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

詳細は、当社webサイトをご活用ください。<動画解説も多数>

詳しくは、以下まで。

雇用調整助成金特集ページ  
       

■グループ運営サイト■

労務監査.com 人事評価制度.com 外国人雇用と就労ビザ テレワーク対策なび ガルベラセミナー

ページの先頭へ