GERBERA PARTNERSブログ

特定技能,外国人雇用|「特定技能の状況」

2019/12/25

Q、2019年4月に始まった新たな在留資格「特定技能」は、実際に外国人受け入れが広まっているのでしょうか。


 
A、2019年11月末時点で、出入国在留管理庁による特定技能在留外国人数の速報値として、特定技能1号在留外国人数は1019人とのことです。
 

解説(公開日:2019/12/25  最終更新日:2020/03/24 )

 

初年度(2019年度)の14産業における受け入れ見込み数合計として約4万人前後としているが、2019年11月末時点1019人と、初年度受入れ見込み数とはかなりかけ離れた人数になっております。

各14産業分野における1019人内訳は下記の通りです。

  1. <介護>           19人
  2. <ビルクリーニング>     12人
  3. <素形材産業>       143人
  4. <産業機械製造業>     151人
  5. <電気・電子情報関連産業>  31人
  6. <建設>           59人
  7. <造船・舶用工業>      32人
  8. <自動車整備>         8人
  9. <航空>             0
  10. <宿泊>           13人
  11. <農業>          169人
  12. <漁業>            8人
  13. <飲食料品製造業>     303人
  14. <外食業>          71人

 

さらに特定技能外国人の許可状況等について、出入国在留管理庁の2019年11月末時点での速報値として、下記の状況となっております。

  1. ①在留資格認定証明書交付    675件
  2. ②在留資格変更許可       676件
  3. ③登録支援機関登録      3210件
  4. ④特例措置としての「特定活動」 832件(未交付含む)

 

在留資格認定証明書交付数、在留資格変更許可数を足しても初年度の受け入れ見込み数には、まだまだ届かない人数になっております。

 

日本政府の動きとして、2019年12月20日に「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」が行われ、「特定技能」取得者数が初年度想定した約4万人に達するまでの差が大きい為、特定技能試験の受験機会の拡大や就職支援の仲介企業を拡充する方向性を打出しました。

『外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(改訂)の概要(案)』の一部

「外国人材の円滑かつ適正な受入れの促進に向けて取組」

(特定技能外国人の大都市圏その他特定地域への集中防止策等、特定技能試験の円滑な実施等)

 

〇地域における就労を希望する外国人材と企業とのマッチング支援

➡介護分野におけるマッチングを行う地方公共団体への財政支援、建設分野の特定技能外国人受入事業実施法人における求人求職のあっせん等の実施、地方公共団体とハローワークの連携によるモデル事業の実施等

(東京・大阪以外の地方企業とのマッチングをし、大都市に偏らないようにする)

 

〇技能試験の受験機会の拡大等

➡短期滞在者に係る受験資格対象者の拡大、日本語試験不正防止の徹底

(現在、原則中長期滞在者向けの受験機会となっているが、今後は初めて来日した3カ月内の短期滞在者にも受験の機会が得られるようにし、試験情報を多言語で周知する)

 

このように2020年に新たな対策が講じられることで、外国人材の受入れ拡大が進むことが見込まれています。

 

ガルベラ・パートナーズのセミナーでは、「初めての外国人採用セミナー」「技能実習生と事業協同組合設立セミナー」「中小企業向け中途採用・定着支援・外国人雇用のポイント」など、外国人雇用に関連するセミナーを定期的に開催しております。

 

ガルベラ・パートナーズグループでは、雇用手続・管理、英語・中国語の雇用関係書(雇用契約書、就業規則、給与・税金・社保などのガイドブック)、在留資格申請、外国人採用支援・海外人材紹介・事業協同組合設立サポート、登録支援機関申請手続支援などのコンサルティングを行っております。お気軽にお問い合わせください。

 
 

■グループ運営サイト■

外国人採用支援.com アジア就職・転職サポートセンター 外国人雇用と就労ビザ

 
 

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら

ページの先頭へ