GERBERA PARTNERSブログ

中国|コロナで流行っている「オンライン~」の中国語は?

2020/09/16

Q、新型コロナウィルスの影響で、日本も「オンライン会議」や「オンライン飲み会」、「オンライン帰省」等が増えてきましたが、「オンライン~」は中国語で何と言いますか?

      A、「云~」です。 「云」の発音:yún(ユンに近い) 「云」は元々「雲」の意味ですが、今は「オンライン」の意味としても使われるようになりました。数年前から「云~」の言い方が現れましたが、大流行になったのはやはり今年のコロナの影響です。       

解説(公開日:2020/09/16)

 

今までは「オンライン」という言葉をそのまま訳して「在线~」(オンラインという意味の普通の言い方)という単語が使われていましたが、最近は「云~」の方がどんどん増えています。

特に今年年初からコロナが大流行した中国では、日本の「オンライン~」と同じように、今まであまりオンラインでやらなかったこともするようになりました。

その名は皆「云~」です。

 

中国で良く使われている「云~」の単語を見ましょう。

 

「云上课」yún shàng kè(ユンシャンカーに近い):オンラインレッスン

 

「云聚餐」yún jù cān (ユンジューツェンに近い):オンライン飲み会

 

「云相亲」yún xiāng qīn(ユンシャンチンに近い):オンラインお見合い

 

「云动物园」yún dòng wù yuán(ユンドンウーユエンに近い):オンライン動物園

 

「云监工」yún jiān gōng(ユンジェンゴンに近い):工事現場をオンラインで監督する

解説:今年の年初に武漢市でコロナの患者を受け入れるために、急速に「火神山」と「雷神山」病院が建設され、当時中国中央テレビは工事現場をライブで全国に放送しましたので、国民たちは実際の現場まで行けなかったが、力になりたいので自宅で工事のライブを見て状況を監督し、応援の言葉を書き込みました。そして自分たちのことを「云监工」と呼ぶようになった由来があります。

 

「云开庭」yún kāi tíng(ユンカイティンに近い):オンライン裁判

解説:本当に裁判もオンラインでやりますかと疑われるところですが、中国ではコロナの影響で今年は本当にたくさんの裁判がオンラインになっています。」

 
 

他には「云升旗」、「云蹦迪」、「云睡觉」などたくさんの面白い「云~」があります。

お勉強になりましたか。

 

中国語や中国のことにご興味がありましたら、当教室で中国語を勉強してみませんか。初心者の方が一番多いので、中国語がまったくゼロでも不安になさらず、まずはお問合せください。今なら大人気の講師と1対1のオンライン授業が格安で受けられますので、是非一度無料オンラインレッスンをご受講ください。

詳しくはinfo@china-focus.jpまでお問い合わせください。

 

ガルベラ・パートナーズグループでは、中国の文化や語学を学びたい方に向けて、2008年から中国語教室チャイナ・フォーカス・アカデミーを運営しています。

China Focus Academy  

教室での学習はもちろんのこと、企業研修で講師を派遣することも可能です。また、中国人観光客の受入接遇をテーマとした中国語圏異文化認識セミナーも行っており、ご指定の地まで講師が出張してセミナーをすることもできます。講義レジュメもほぼそろっているため、テキスト準備のコストも下げることができますので、小売業や飲食業などのインバウンド事業を行っておられる会社様はぜひご検討ください。

   

■グループ運営サイト■

中国ビジネスサポート 香港進出サポート 海外赴任.com 国際労務.COM 外国人雇用と就労ビザ China Focus Academy China Focus Academy(講師派遣) ガルベラセミナー
   

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら

ページの先頭へ