GERBERA PARTNERSブログ

ベトナム|ベトナム進出の傾向(人材確保の拠点としてのベトナム)

2019/10/28

Q、今年4月に施行された、新在留資格「特定技能」に伴い、ベトナム人材に期待している日系企業のニュース、記事を最近多く見かけますが、ベトナムでは今どのような状況なのでしょうか?またベトナムからの特定技能人材の採用は可能なのででしょうか?


 

A、この1年間、ベトナム進出(駐在事務所、法人設立、合弁会社設立、ベトナムローカル企業への出資等)に大きな変化、トレンドがあります。従来は人件費や安価な労働力に魅了され工場の設立や中間所得層の増加や経済成長率を見越した各物販やサービスの販売、貿易を目的としたベトナム進出が主流でしたが、現在はベトナム人材確保を目的とした、またはそれを含んだベトナム進出を計画する日系企業が急激に増えております。背景には特定技能といった新在留資格の存在や日系中小企業の人材採用問題(採用難)がまったなしで企業の存続に影響を及ぼしている中小企業の台所事情があると言えます。

 

解説(公開日:2019/10/28)

 

まず、在ベトナム日本大使館(7月23日に開催)での説明会で、ベトナムと日本間の特定技能に関わるMOC(Memorandum of Cooperation協力覚書の資料より現在の情報を確認してみたいと思います。

 

◆ベトナムとの特定技能MOCの概要◆

このMOCは,日本の警察庁,法務省,外務省及び厚生労働省とベトナム労働・傷病兵・社会問題省(MOLISA)との間で作成されたものであり,ポイントは以下の通りとされています。

 

【覚書のポイント】

【共通の事項】

  1. ・両国の関係省庁は,円滑かつ適正な送出し・受入れの確保(特に,悪質な仲介事業者の排除)及び特定技能外国人の日本での就労における問題の解決等のために情報共有及び協議をする。
  2. ・この情報には,それぞれの国の法令により認められていない手数料その他の費用を徴収する行為等を含む。
  3. ・ベトナム人が,日本での就労目的のために,在留資格「留学」を取得することを防止するための協力等について協議する。

 

【日本の省庁の約束】

  1. ・ベトナムの関連法令に従い必要な手続を経た者として、ベトナム政府が承認する推薦リストにある者のみを受け入れる。
  2. ・特定技能外国人を送り出すために必要なものに関して、受入機関による費用分担の原則をガイドラインに含める。
  3. ・不正な行為を行った登録支援機関又は受入機関に関する情報共有があった場合,調査・対応しベトナム政府に報告する。
  4. ・ベトナムの規則(禁止された職業・区域に関するものを含む。)に従って必要な手続を経ていないベトナム特定技能外国人を受け入れない。

 

【ベトナムの省の約束】

  1. ・送出機関の審査・許可をする。ベトナムの関連法令に違反する不適正な行為をした受入機関に送出機関が特定技能外国人を送り出すことを許可しない。
  2. ・不正な行為を行った送出機関に関する情報共有があった場合,調査・対応し日本側に報告する。
  3. ・特定技能外国人の推薦リストを作成する。

 

上記から考察できることは、まだ現時点では両国の間で明確なルールが決まっていないのが現時点から推測されますが、大手外食産業、介護事業関連の会社やまた特定技能職種(14分野)に関わる日系企業が人材確保の側面で何らかの形でベトナムへ進出をしようと計画しており、その傾向は大手企業のみならず、中小企業へも波及しています。

まさに採用マーケットは国内採用からアセアン地域へ広がっております。海外での人材採用?と驚かれる企業もいるかと思いますが、数年後には隣のデスクに外国人が当たり前に座っていたり、同僚をはじめ、上司がアセアン諸国の人材であったり、ベトナム人が上司となる日もそう遠くはないのかもしれません。

ベトナム人と共に働いているとベトナム人の勤勉さは目に見張るものがあります。

スタッフの50%以上は仕事が終わった後に語学(日本語、英語等)スクールは会計、法律等いった専門知識を習得するために学校に行っています。なぜ?と素朴な質問をしてみると「より良い生活をする為です」「もっと良い給料を貰う為です」「キャリアアップの為です」「留学をする為です」といった前向きな言葉ばかりなのです。

一方でベトナムへ駐在している日本人は日本人街で日本人と夜な夜な飲み歩いている姿を比較してみると、末恐ろしいです。

 

昔ある飲料メーカーのCM「明日があるさ」を替え歌にした歌がはやったのを覚えておりますか?2010年のことでした。♪新しい上司はフランス人♪・・・・明日がある♪明日がある♪明日があるさー♪♪

新しい上司はベトナム人、明日がある、明日がある、明日があーるーさー♪♪

国籍、人種を問わず、優秀な人材が公平、平等に評価される会社には間違いなく外国人材の応募が増え、外国人を採用することで海外事業(貿易)や海外展開といった新たな市場を開拓でき、企業はますます成長していくことでしょう。

 

以上、ガルベラ・パートナズベトナム、アセアン・フォーカスはベトナム進出前の工場・レンタル工場の視察、アテンドや戦略立案や事業計画、現地法人設立、駐在事務所設立、ビジネスマッチング、パートナー探し、合弁先探しをはじめ、企業様の外国人雇用、採用に関するコンサルティングを通じ、貴社のベトナム進出と外国人採用を成功へと導いていきます。ベトナムでの事業展開をお考えの企業様、外国人雇用、採用をお考えの企業様は是非一度お問合せください。

また、国内での外国人採用の情報が詰まったHPをご参照ください。

 

ベトナム進出.com

 

外国人採用支援.com

 

ガルベラパートナーズ・グループは企業が抱えている課題を各専門家の知見と知識とノウハウをもって解決していきます。

海外進出をはじめ税務、会計、労務、外国人雇用など企業が抱える課題は様々です。

企業経営でお困りのことがあればご遠慮なくお問合せください。

 

ガルベラ・パートナーズグループのベトナム現地法人、ガルベラパートナーズベトナムでは、ベトナム進出コンサルティングを手掛けており、視察対応、会社設立、ライセンス取得、登記、人事制度設計、報酬規程の作成、評価制度の設計等、税務・労務サポートをワンストップで、企業様が本業に集中できるよう、サポートいたしております。

また、日本側では(株)アセアン・フォーカス、ガルベラパートナーズグループがサポートし、日本とベトナム側の両国で企業のベトナム進出を全面的にサポート致します。

 

ベトナム進出、タイ進出にご興味、関心がございましたら、下記URLまでお問合せください。

 
 


 
 

■グループ運営サイト■

ベトナム進出ドットコム タイ進出サポート アジア就職・転職サポートセンター 外国人採用支援.com 国際税務ドットコム 海外赴任.com 国際労務.COM ガルベラセミナー

 
 

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら

ページの先頭へ