GERBERA PARTNERSブログ

香港|香港に設置した電話を日本に転送する方法

2018/07/27

Q、香港に現地法人を設立したのですが、いますぐに社員を雇用するのではなく、日本から遠隔で業務を遂行したいと考えています。香港にかかってきた電話を日本に転送したいのですが、そういうことは可能でしょうか?


 
A、香港法人にかかってきた電話を日本の電話に転送することは可能です。当社のサービスをご利用いただければと思います。
 

解説(公開日:2018/07/27)

香港法人を設立したとはいえ、すぐに事業を開始できない事情がある場合でも、香港にて電話番号を設定して、事業の用に使いたいという要望もあるかと思われます。

 

そのような場合、香港の電話番号を取得して、これに転送設定をすることができます。また、携帯番号であれば、出張時はその番号を使用して海外と通話することで、リーズナブルな運用を行うことが可能です。

 

日本では固定電話が当たり前ですが、香港では会社が固定電話を持たないこともあり、携帯電話を持っているだけということがよくあります。すなわち、固定電話に限らず、携帯電話からの転送も可能となります。

 

もし香港法人にそんなに電話がかかってこないようであれば、ミニマムで電話番号を取得し、それを転送することで足ります。もちろん、ネットの利用もできますし、それでも毎月のコストはそれほど高くありません。

 

香港の電話番号から、日本に転送する場合は国際電話になりますが、これも日本ほど高くはありません。国際電話の料金を1分ごとに支払う方法もありますが、いちいち1分ごとに計算するというのも大変なのであれば、国際電話の定額サービスを利用することもお勧めです。1か月の通話時間が50分の場合、100分の場合、150分の場合といった形で、使用する時間に応じて、固定価格での通話サービスを受けることが可能です。

 

ガルベラ・パートナーズ香港では、香港法人の設立や銀行口座の開設のお手伝いだけでなく、貴社の香港ビジネスをサポートするべく、電話の転送やFAXの転送などにも対応しております。

 

香港法人がまだペーパーカンパニーであったとしても、貴社の香港ビジネスをさらに広げるために、リーズナブルに香港法人の経営ができるよう、弊社が全力でサポートします。香港での電話転送やFAX転送をご希望の場合は、お気軽に弊社へご相談ください。

 

香港ビジネスに関するお問い合わせは、こちらのウェブサイトからお願いします。

 
 


 
 
国際税務ドットコム 海外赴任.com 国際労務.COM 外国人雇用と就労ビザ ガルベラセミナー

 
 

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら

ページの先頭へ