GERBERA PARTNERSブログ

香港|香港の銀行口座開設、ウソ? ホント?

2018/07/27

Q、このたび、香港で現地法人を設立したのですが、口座の開設ができなくて困っています。どうやったら、香港の現地法人の口座の開設ができるのでしょうか?



 
A、香港法人の銀行口座開設は簡単で有名だったのですが、2016年に入ってから、現地法人の口座開設がかなり難しくなりました。とはいえ、当社も毎月4~8社の口座開設をサポートしていますので、やり方次第であり、まったく開かないというわけではありません。
 

解説(公開日:2018/07/27)

香港で現地法人を設立したものの、現地での銀行口座の開設に手間取っている企業は多いのではないでしょうか。

 

香港の銀行口座の開設は、2015年頃まではHSBC(香港上海銀行)でスムーズに開設できていたものの、その頃から英語対応ができない企業は断られるなど、日系企業にとっては、口座開設の難易度が上がってきていました。

 

そして、2016年のパナマ文書漏洩事件は香港における口座開設手続きの困難度に決定打を下すことになり、香港政府は諸外国からの外圧を受け、香港内の銀行に対する指導を強化し、2016年7月から、まず香港上海銀行が難しくなり、そのあと口座開設希望者がハンセン銀行に殺到した結果、2017年に入ってハンセン銀行も難しくなり、さらに他の香港の地場銀行にも影響が出てきております。

 

当社では、口座開設がしやすい銀行と、難しい銀行とに分けて、お客様の状況や条件に合わせて銀行をご紹介していますが、簡単に分類すると以下のようになっています。

 

  • レベルⅠ 事業の説明をしなくても開設できる銀行
  • レベルⅡ 香港での事業をしっかり説明すれば開設できる銀行
  • レベルⅢ 事業がしっかりしていても条件によっては面談がしにくい銀行
  • レベルⅣ そもそも日系企業には開設が難しい銀行

 

レベルⅠは、すっかり身を潜めてしまい、いまでは見られなくなってしまいました。

 

レベルⅡの銀行は、香港の地場の銀行の大半がこれにあたります。ただし、ここには欧米や中国に本店がある銀行は含まれません。

 

レベルⅢは、香港上海銀行やハンセン銀行が該当します。

 

レベルⅣは、欧米や中国に本店がある銀行ですが、中国銀行は除かれます。(中国銀行は、ほかの中国本土系の銀行と違って、香港でも歴史が古く、香港紙幣を製造している銀行の一つでもあり、香港の銀行と呼ぶこともできます。)

 

また、日本のメガバンクは強いて言うならばレベルⅣですが、実は日本でこれらのメガバンクと取引のある会社は、日本で付き合いのある支店担当者に伝えて、香港支店を紹介してもらうことが可能です。

 

我々が担当するのはレベルⅡが多く、DBS銀行香港、中国銀行、創興銀行、大新銀行、中信銀行、南洋商業銀行、永亨銀行などが該当します。これらの銀行は、事業をしっかり説明できるかどうかが運命の分かれ道です。資料を用意周到に準備することで、実は面談を設定できる銀行は多く存在しています。

 

そして、面談までたどりついたら、そこでしっかりと説明をします。面談に際して、隣に通訳を置くことができる銀行と、通訳不可の銀行がありますが、大抵は可能です。ただし、重要な質問については、直接ご本人に確認が入りますので、どんな場合でも簡単な英語の受け答えは必要になります。(ただし、本当に簡単な質問ですので、大半はYESで答えられます。)

 

また、香港上海銀行やハンセン銀行も、まったく無理というわけではないため、事業の内容や出資額によってはチャレンジできます。支店もいろいろありますので、あえてお客様が少ない郊外の支店を狙うのも一つかと思われます。

 

ガルベラ・パートナーズ香港では、冒頭に記載のとおり、毎月多くの会社様の口座開設のお手伝いをしております。香港法人がペーパーカンパニーであったとしても、日本でのビジネスとのかかわりなどを図示し、銀行内で書類が審査されるようにしてあげることで、面談までスムーズに進むことがほとんどです。

 

ご依頼から面談までは1ヶ月かかることはなく、もし貴社が銀行口座の開設で1か月以上かかっているようでしたら、ぜひ当社にご相談ください。

 

香港ビジネスに関するお問い合わせは、こちらのウェブサイトからお願いします。

 

 
 


 
 

■グループ運営サイト■

中国ビジネスサポート 香港進出サポート 海外赴任.com 国際労務.COM China Focus Academy China Focus Academy(講師派遣) ガルベラセミナー

 
 

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら


 

ページの先頭へ