GERBERA PARTNERSブログ

経営者にかかわる法改正情報|経営者にかかわる法改正情報(12月)

2019/11/27

経営者にかかわる法改正情報(12月)

 
 

税務

 

~2019年の年末調整のポイント~

 

2019年の年末調整の変更は僅少ですが、2020年の大幅改正に向けて確認が必要です。

特に、「2020年(令和2年)給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は①給与所得控除の引き下げ、②基礎控除の引き上げに伴う書式変更があり、多くの方に関わる変更となっています。

また「単身児童扶養者」の欄が追加されましたが、こちらは該当する方の住民税が2020年より非課税となる措置です。

 

詳細は下記国税庁HPや、お住まいの自治体のHPをご参照ください。

http://www.nta.go.jp/users/gensen/nencho/index.htm

 
 

労務

 

■ 来年3月から、外国人雇用状況届出に在留カード番号の記載が必要となります。

 

令和2年3月1日以降に雇入れ、離職をした外国人については、

外国人雇用状況の届出を行う際に、在留カード番号の記載が必要となります。

 

【ご参考】リーフレット「外国人雇用状況の届出において、在留カード番号の記載が必要となります。」 (厚生労働省ホームページ)

 
 
 

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら


 
 

ページの先頭へ