GERBERA PARTNERSブログ

助成金・給付金|キャリアアップ助成金(正社員化コース)について

2020/07/06

Q、キャリアアップ助成金(正社員化コース)ってどんな助成金なの?

 

A、有期契約労働者やアルバイトなどの短時間労働者、派遣労働者などの「非正規雇用労働者」を「正社員」に転換することでもらえる助成金です。 ▶有期契約労働者から正社員に転換|一人あたり57万円 ▶無期契約労働者(アルバイト)から正社員へ転換|一人あたり28.5万円 ▶有期契約労働者から無期契約労働者へ転換|一人あたり28.5万円 また、東京都の正規雇用転換安定化支援助成金(20万円) も同時期に申請すれば、併せた金額を受給することができます 以下、気になる4つの点について解説いたします。 ① ずばりこのキャリアアップ助成金のメリットは? ② どんな条件が必要なの? ③ このキャリアアップ助成金をうまく使っている会社の例 ④ キャリアアップ助成金をもらうために気をつけなければならないことは? ※こちらは2020年7月1日現在の情報となっております。

 

解説(公開日:2020/07/06 最終更新日:2020/07/03)

 

① ずばりこのキャリアアップ助成金のメリットは?

1人の非正規労働者を正社員にすることで、1人当たり57万円を支給されます。1年度で最大20人まで支給されますので、最大で1,140万円もの助成金が受給できます!

採用時点では活躍してくれるかどうか未知数の候補者を契約社員やアルバイトとして採用して育成し、確かに活躍してくれそうだということになれば正社員として採用して助成金をもらうことが可能ですので、採用ミスマッチのリスクを防ぐこともできます!

 

② どんな条件が必要なの?

通算して6ヵ月以上の有期雇用労働者かアルバイトが対象となります。

正社員(もしくは無期契約労働者)に転換する前にキャリアップ計画を作成、労働局に提出する必要があります。続いて就業規則を改定し、その就業規則に基づいて対象者を正社員等へ転換してください。転換後は賃金がそれまでよりも5%以上アップしている必要があります。

 

③ キャリアアップ助成金をうまく使っている会社の例

採用のミスマッチを防ぐため、まずは半年間の有期雇用契約で労働者を採用し、育成に励みつつ活躍が期待できると思った時点で、正社員へ転換を実施。キャリアアップ助成金57万円を申請するとともに東京都の正規雇用転換安定化支援助成金20万円も申請。毎年このような形で3名の雇用を実施しているため、年間で231万円の助成金を受給している。

 

④キャリアアップ助成金をもらうために気をつけなければならないことは?

対象労働者を正社員化する前にキャリアップ計画を届出することが大切です!

正社員化することで転換前よりも給与を5%以上アップする必要があります!

 

【ご案内】

社会保険労務士法人ガルベラ・パートナーズでは、各種助成金の相談対応を行っています。

まずは診断のうえ貴社の現状を認識し、助成金獲得に向けた労務管理体制整備のためのアドバイスや管理文書ひな形の提供を行い、獲得できそうな助成金を提案します。

以下リンク先をご参照ください。

http://joseikin.gerbera.co.jp/

 

ガルベラのセカンドオピニオン契約については以下リンク先をご参照ください。

http://joseikin.gerbera.co.jp/price

 

キャリアアップ助成金(参照:厚生労働省)

       

■グループ運営サイト■

労務監査.com 人事評価制度.com 外国人雇用と就労ビザ テレワーク対策なび ガルベラセミナー
   

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら

ページの先頭へ