GERBERA PARTNERSブログ

外国人雇用|今後の外国人雇用支援

2018/09/10

Q、外国人雇用の受け入れが2019年には拡大が進むということで、今後の受け入れをどのようにしたらいいのかがよくわかりません。


外国人雇用
 
A、政府は2019年4月に外国人労働者の受け入れを拡大する方向で動きが見られ、経済産業省は中小の製造業に外国人採用を支援する方針を決めている。
 

解説(公開日:2018/09/10  最終更新日:2018/09/13 )

外国人の採用支援に雇用しやすい環境へ整備し、中小・小規模事業者をはじめとした人手不足は深刻化している企業の人材確保につなげていく。

そのためには、企業へは外国人雇用の仕方、雇用に必要な手続きなど、中小企業に採用された外国人には日本での生活や行政手続きなどのアドバイスを行う。これらのアドバイスは、自治体、各地の業界団体、社会保険労務士など、登録支援機関が担う構想で進めている。

 

国人材の受け入れを拡大するため、新たな在留資格を創設することが決まり、また、外国人留学生の国内での就職をさらに円滑化するなど、従来の専門的・技術的分野における外国人材受入れの取組をさらに進めるほか、外国人が円滑に共生できるような社会の実現に向けて取り組むことで進めているようです。

 

「雇用するのであればどのような外国人が必要なのか?」

「外国人の採用方法(技能実習生受入れ、技術・人文・国際の在留資格者を社員として、外国人留学生のアルバイト雇用など)は?」

 

雇用手続き、在留資格申請、雇用管理(就業規則、給与・税金・社保など説明)、教育研修、既存社員の理解、受け入れ環境作り、キャリアプランなど、外国人雇用を検討していることであれば、今からでも受け入れ態勢の準備が必要です。

さらに地域によっては、外国人が生活者として来ることに慣れていない地域もあるので、地域住民と多文化共生となるようにサポートしていくことも大事なことになります。これらを踏まえて、外国人雇用の受け入れを進めていかなければなりません。

 

ガルベラ・パートナーズのセミナーでは、「初めての外国人採用セミナー」「中小企業向け外国人労働者の活用セミナー」「技能実習生と事業協同組合設立セミナー」「中小企業向け中途採用・定着支援・外国人雇用のポイント」など、外国人雇用に関連するセミナーを定期的に開催しております。

 

株式会社アセアン・フォーカスでは、外国人採用支援・海外人材紹介・事業協同組合設立コンサルティングなどを行っております。お気軽にお問い合わせください。

■グループ運営サイト■

外国人採用支援.com アジア就職・転職サポートセンター 外国人雇用と就労ビザ

ページの先頭へ