GERBERA PARTNERSブログ

年次有給休暇|年次有給休暇で休んだ日の夜、仕事の緊急対応で出勤した場合の取扱いは?

2023/07/28

Q、年次有給休暇で休んでいた従業員を、その日の夜に、仕事の緊急対応のために呼び出しました。働いた時間は労働時間として取り扱い、その分の給与もきちんと支払っていれば、年次有給休暇を取ったものとして取り扱っても問題ないでしょうか。

A、1日単位の年次有給休暇は「労働日」ごとに取得しますが、この「労働日」とは、原則として暦日(0時から24時までの24時間)をいいます。したがって、年次有給休暇を取得した日に緊急対応等で労働してしまうと、それがたとえ夜の時間帯など、その日の本来の所定労働時間に該当する時間帯でなかったとしても、その日は年次有給休暇を取得したことになりません。したがって、年次有給休暇を取得している従業員を、その日に呼び出すようなことは控えなければなりません。

当然のことながら、実際に働かせてしまった場合は、働いた時間を労働時間として取り扱い、その分の賃金を支払わなければなりません。そしてその日に働いてしまっている以上、1日単位の年次有給休暇を取ったことにはなりません。ただし、就業規則等の定めがあれば、実際に休んでいた時間数に応じて、半日単位または時間単位の年次有給休暇を取ったものとして取り扱うことは可能であると考えられます。

 

解説(公開日:2023/07/28  最終更新日:2023/08/24 )

 

※年次有給休暇の付与のルールなどについては、過去の記事をご参考ください。

 BLOG>労務>年次有給休暇

   

年次有給休暇は、その根拠となる労働基準法第39条第1項において「10労働日」とあるとおり、原則として「労働日」単位で付与するものとされています。この「労働日」とは原則として暦日(0時から24時までの24時間)をいいます。

 

なお、交替勤務では1勤務が2暦日にわたることもありますが、この場合でも原則は暦日単位で考えるため、例えば一昼夜交替勤務で1勤務の労働を免除するためには、2日の年次有給休暇を取得するということになります。ただし、8時間3交代勤務や常夜勤勤務の場合は、暦日原則をそのまま適用すると著しく不合理な結果となるため、勤務時間を含む連続24時間を1労働日として取り扱ってよいこととなっています(つまり、1勤務の労働を免除するために、1日の年次有給休暇を取得すればよい)。

 

上記のとおり、原則として年次有給休暇は暦日の「労働日」単位で取得するものであるから、年次有給休暇を取得した日に緊急対応等で労働してしまうと、それがたとえ夜の時間帯など、その日の本来の所定労働時間に該当する時間帯でなかったとしても、その日は年次有給休暇を取得したことになりません。したがって、年次有給休暇を取得している従業員を、その日に呼び出すようなことは控えなければなりません。

 

当然のことながら、実際に働かせてしまった場合は、働いた時間を労働時間として取り扱い、その分の賃金を支払わなければなりません。そしてその日に働いてしまっている以上、1日単位の年次有給休暇を取ったことにはなりません。ただし、就業規則等の定めがあれば、実際に休んでいた時間数に応じて、半日単位または時間単位の年次有給休暇を取ったものとして取り扱うことは可能であると考えられます。

 

社会保険労務士法人ガルベラ・パートナーズでは、労務・人材管理のご相談に、実務の視点を大切にしながらお答えしております。どうぞお気軽にご相談ください。

 
 

初回無料相談社会保険労務士法人ガルベラ・パートナーズの業務紹介はこちら

(IPO労務DD/労基署初動対応/労務コンプライアンス/就業規則整備/申請代行・給与計算・労務相談)

社会保険労務士法人ガルベラ・パートナーズ  

弊社では、実務的な観点から、労務管理や人材管理の整備をご支援させていただいております。人事労務管理でお悩みの場合は、お気軽に下記問い合わせフォームよりお申し付けください。

 
 

2024年問題を見据えた働き方改革実践セミナー
[オンラインセミナー:東京・大阪・福岡]

開催日時
① 2024年06月19日(水) 16:00~17:00
③ 2024年06月28日(金) 16:00~17:00
③ 2024年07月17日(水) 16:00~17:00
④ 2024年07月26日(金) 16:00~17:00
費用
メルマガ読者 無料/メルマガ読者以外 5,000円
※セミナー申込時にメルマガ登録いただくと無料です。
メルマガ登録
定員
最大4社(1社2名様まで)のミニセミナー
※最少催行人数 1名。 ※専門家の参加はご遠慮願います。
 

 2024年問題を見据えた働き方改革実践セミナー参加のお申込みはこちら 

 
ガルベラセミナー
ガルベラセミナー 海外進出や経営支援などの
幅広いセミナーを定期的に開催しております。
 

 ガルベラ・パートナーズへのお問い合わせはコチラ 

 
海外赴任.com 国際労務.com 国際税務ドットコム
海外赴任.com 国際労務.com 国際税務ドットコム
採用エージェント グローバル人材採用支援.com 外国人雇用と就労ビザ
採用エージェント グローバル人材採用支援.com 外国人雇用と就労ビザ
労務監査.com ホールディングス化サポート.com 事業承継サポート
労務監査.com ホールディングス化サポート.com 事業承継サポート
少数株主対策なび 助成金活用サイト 人事評価システム「COSMO HR」についてのご案内
少数株主対策なび 助成金活用サイト 人事評価システム「COSMO HR」についてのご案内
事業協同組合/監理団体コンサルティング 新卒採用コンサルティングサポート ガルベラセミナー
事業協同組合/監理団体コンサルティング 新卒採用</BR>コンサルティングサポート ガルベラセミナー
 
 

◆ガルベラのメールマガジンに登録しませんか◆

ガルベラ・パートナーズグループでは毎月1回、税務・労務・経営に関する法改正や役立つワンポイントアドバイスを掲載したメールマガジンを配信しております。 加えて、メルマガ会員のみガルベラ・パートナーズグループセミナーに参加可能!

10秒で登録が完了するメールマガジン 登録フォームはこちら