ガルベラ・パートナーズ・グループ公式ブログ

専門家集団によるワンストップ・ソリューション
Best bussiness solutions

GERBERA PARTNERSブログ
ホーム > ブログトップ

ガルベラ・パートナーズ Q&Aブログ

事業承継|自社株式を親族外へ承継する際のポイントを大公開します!

2014/09/15

Q 事業承継の際に親族内に後継者がいない場合、親族外にバトンタッチしようかと考えておりますがその際のポイントは何でしょうか?

 

回答を見る▶

フランチャイズ|フランチャイズ加盟の際に気を付ける点は?

2014/09/12

Q 自社で新規事業を立ち上げるのは難しいので、フランチャイズへの加盟を検討しています。どんな点に気を付けて加盟すれば良いですか?

 

回答を見る▶

法人税|少人数私募債の節税メリットがなくなるのは本当ですか?

2014/09/11

Q 少人数私募債とはそもそも何なのですか?平成25年と平成26年の税制改正で少人数私募債の節税メリットが封じ込められたと聞いたことがありますが、本当なのでしょうか?

 

回答を見る▶

中国|中国の法定休日や特別休暇規定について教えてください。

2014/09/10

Q 中国の法定休日や特別休暇について教えてください。

 

回答を見る▶

助成金・給付金|未経験者を雇用した場合の助成金について教えてください!

2014/09/09

Q 自社の事業についてまったく経験がない者を雇用した場合、助成金が出ると聞いたのですが、そのような助成金が本当にあるのでしょうか?

 

回答を見る▶

事業承継|従業員持株会制度を導入しただけで節税になるってホント?

2014/09/08

Q 中小企業で従業員持株会制度を導入しただけで節税になるというのは本当ですか?

 

回答を見る▶

事業承継|会社の引継ぎが上手く行かないと会社は潰れる!?

2014/09/05

Q 後継者へのバトンタッチについて、代表権はそろそろ息子へ譲ろうと思っていますが、それだけで大丈夫でしょうか?

 

回答を見る▶

贈与税|子供名義の貯金って税金がかかるの!?

2014/09/04

Q 私には子供が3人います。将来の学費や何かの役に立てればと思い、子供の名義で毎月定額貯金をしています。しかし、今まで1度も贈与税の申告も納税もしていません。何か問題がありますか?

 

回答を見る▶

中国|中国の社会保険について教えてください。

2014/09/03

Q 中国でも社会保険は強制加入と聞いたのですが、どんな種類がありますか?また、労使の負担比率は日本とおなじく折半なのでしょうか?中国の社会保険について、概要を教えていただけますか?

 

回答を見る▶

外国人雇用|外国人を実習生として受け入れる場合の留意点

2014/09/02

Q 普通に外国人を雇用するのではなく、技能実習生として働いてもらう方法があると聞きました。外国人技能実習生の制度って、どのような内容なのでしょうか?

 

回答を見る▶

法人税|所得拡大促進税制:中小企業の5割超がその制度を知らず!

2014/09/01

Q 従業員を増やした場合の税制優遇措置(雇用拡大促進税制)は知っていますが、当社は従業員を増やす予定がない代わりに既存の従業員への給与を増額しようと思っています。その場合には税制優遇措置はあるのでしょうか?

 

回答を見る▶

M&A|後継者のいない会社を買収するにはどうしたらいいですか?

2014/08/29

Q 銀行から、後継者がいない会社を買いませんかと提案を受けたのですが、初めてのことなので、何から始めていいのかが分かりません。どのように手続きをすすめればいいのでしょうか?

 

回答を見る▶

法人税|太陽光発電のグリーン投資減税とは何ですか?

2014/08/28

Q 最近よく太陽光発電が節税によいと聞きますが具体的にどういった内容なのでしょうか?

 

回答を見る▶

マンスリーコラム|錯覚?思い込み!?数字のマジック

2014/08/28

自社商品やサービスのキャッチコピーとしてよく使われる「○人に1人が弊社商品を使っていたのです!」というフレーズ。

 

これは、広告理論的に言えば「占有率」を示す技法で、効果的な王道ロジックだと言われています。一般に「多数に流されやすい同調性」と
いった傾向の強い日本人の消費動向においては、特に有効なやり方なのかもしれません。

 

しかし一方で、最近では「人がどう評価しようと、自分が納得する買い物がしたい」と考える消費者も少なくないようです。「価格が高くても、良いものはキチンと売れる」といった、量的満足よりも質的満足を求める現代らしさがよく表れていると思います。

 

さて、こういった人たちは「○人に1人~」というフレーズにどう反応するでしょう。

買い物上手を自負するAさんはこう言っていました。
「“3人に1人がウチの商品を使っていました!”って自慢げに言うけれど、それって3人に2人は使っていないってことですよね?使ってない人のほうが多いじゃないですか(笑)」

 

なるほど、確かに。実はこうした「○人に1人」という宣伝フレーズは、統計学的には「数字のマジック」と言われます。多いように見えますが、裏を返せばそうでもないということもあるわけです(もちろん、この技法を否定するわけではありません)。

 

こんな言葉があります。「あらゆる消費者は、自分のことを『人よりもかしこい消費者』だと思っている」――売り手の道理に騙されず、思考停止に陥らず、自分の頭で考えて買いたい、ということなのでしょう。自分が買い手の立場に回ればよく分かりますが、売り手が思うほど、消費者はバカではないということですね。

中国|中国へ日本の薬を輸入するための手続きについて教えてください。

2014/08/27

Q 中国で日本の薬を輸入するにあたり、必要な許認可や手続きについて教えてください。

 

回答を見る▶

メンタルヘルス|メンタル不全で無断欠勤を続ける社員への対策について

2014/08/26

Q 営業部門の社員が、1週間前から無断で欠勤するようになりました。担当上司に話を聞いたところ、どうやらメンタルヘルスを煩っているようで、復帰自体が難しいとのこと。禍根を残さずに退職してもらう方法はありますか?

 

回答を見る▶

法人税|設備投資して法人税を大幅に減額させましょう!

2014/08/25

Q 生産性向上投資促進税制の利用状況はどのようになっていますか?

 

回答を見る▶

新規事業|人材採用で90万円貰う方法

2014/08/22

Q 新規事業を立ち上げているのですが、何か良い助成金はありますか?

 

回答を見る▶

法人税|接待飲食費が多い会社様へ朗報!

2014/08/21

Q 接待の際の飲食費については必要経費になったり、ならなかったり、また平成26年は改正もあったようなのですが、その内容のうち特に中小企業に関するものについてはどのようになっているのでしょうか?

 

回答を見る▶

中国|日本のお米や果物を中国に輸出したいと思いますが、可能でしょうか?

2014/08/20

Q 地方自治体と協力して、日本特産のお米やりんご等の果物を中国に輸出できないかと考えていますが、お米の輸出等は難しいと聞きます。実際に輸出は可能なのでしょうか?

 

回答を見る▶

ページの先頭へ